35歳が髪の曲がり角!若白髪の原因と解消法

老けて見られないために、今すぐはじめたい白髪対策

美容室で髪をカラーリングをする女性は多いですよね。自分で染めるより綺麗に染められる美容室のカラーリングですが、どうやらひと昔前と大きく違っている点があるようです。
それは、白髪用カラーリングを使用する方が増加しているとのこと。20代の女性でも白髪専用カラーを利用することが多い傾向にあるようです。
白髪と聞くと老化や加齢が原因と思いがちですが、どうやら他の原因が隠されているようです。そこで今回は、若白毛になってしまう原因と、今すぐにはじめられる白髪対策をお伝えしていきましょう。

白髪は○○の働き低下に原因アリ!35歳は髪の曲がり角

白髪になってしまう原因はさまざまで、加齢や生活習慣、ストレスなどがあげられます。さらに、もともとの体質や遺伝、出産がきっかけで体質が変化することなども白髪の原因にあたります。
白髪の原因は一概には言えず、いろんな理由があってできてしまいますが、共通していているのは「細胞の働きが低下」していること。

そもそも、髪の毛が黒いのは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞の働きでメラニン色素を生成し、生えてきた髪を染めて黒く発色するためです。この色素細胞の機能が低下し、メラニン色素を作ることができなくなるため白髪になってしまうのです。


つまりは、細胞の働きが弱まってしまうから白髪は生まれてしまうことになります。お肌の曲がり角が20代後半だとしたら、髪の毛の曲がり角は細胞の働きが低下する35歳あたりで、白髪の他に髪の毛のツヤや抜け毛などのトラブルが増えてくるものです。
最近若白毛で悩んでいる方が多いのは、食生活の欧米化や生活サイクルの不規則化による体質の変化によるものが多いのかもしれません。もはや、白髪は高齢者だけの問題ではなくなっているのです。

白髪にはミネラルが大事!生活習慣でツヤ髪を取り戻す

白髪改善に働きかけてくれる細胞に元気を取り戻すには、食生活の見直しが手っ取り早いでしょう。栄養素の中でも、ミネラルは髪の毛にとって大事な栄養のひとつです。
ナッツ類や海藻に多く含まれるミネラルですが、日常生活でなかなかとれないものですよね。そんなときは食事療法にあわせてサプリメントの助けを借りることによって、細胞に活気を取り戻すことができます。
同時に、髪へのダメージを極力減らしてあげることも大事。白髪に意外と悪いのが、頭皮の日焼けダメージです。
日焼けはDNAを破壊させる力があるので、細胞の働きを鈍くさせてしまう原因になります。お肌の日焼け対策で忘れがちな頭皮・髪の日焼け対策ですが、日傘や帽子をかぶることによって、頭皮を紫外線から守ることができます。
また、シャンプーなどの頭皮に刺激を与えるヘアケア商品を頭皮に優しいものにして白髪が改善したという方も多くいるようです。髪を健康的に保つためにも、髪の毛を清潔にして、頭皮に優しいヘアケアを見直すのも白髪対策には欠かせなといえるでしょう。


たった1本あったとしても、プラス5歳は老けて見られる嫌~な白髪。今はなくとも、いつか出てくるかもしれない日に備えて、今から意識を向けていくのもいいかもしれません。
歳に負けないオンナであるために、健康的な頭皮を維持していきましょう!


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 まこさん

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。
今日より明日が綺麗な自分へ。
趣味は猫と遊ぶこと。

執筆コラム一覧