No More 白髪&薄毛!髪の毛のために気をつけるべき3つのこと

年を重ねるごとに気になる白髪や薄毛・・・。今からでも遅くない!食い止めるためにできることとは?

鏡を見たらげんなり・・・

若い頃は「髪の毛の量が多すぎてまとまらない!」なんて悩みを抱えている人も多かったのに、年をとればとるほど、今度は髪の毛の量が減りすぎてげんなり・・・なんて方も少なくないのではないでしょうか。また量は気にならなくても、鏡をみてぎょっとするのがいつのまにか生えている白髪。白髪があるだけで一気に老けた印象になってしまうため、なんとかしたいのが女性というものですよね。

そこで今回は、薄毛と白髪に効果的な日常的に気をつけるべき3つのことをご紹介します。

睡眠不足は絶対NG

睡眠不足がお肌によくないことはよく知られていますが、実は白髪と抜け毛にもとてもよくないのです。

睡眠時間のうち、2~3時間の間隔で分泌されているのが成長ホルモン。この成長ホルモンは成長期には身長を伸ばしたり骨格をしっかりさせていくといった効果がありますが、ある程度成長が止まった後には、傷ついた細胞の再生や、皮膚の新陳代謝を促すことに使われます。髪の毛が伸びるのも、成長ホルモンが大きく関わっているのです。そのため、睡眠時間が足りない=成長ホルモンが充分なだけ分泌されないので、抜け毛の原因になったり、毛が正常に育たず白髪になってしまうことが判明しています。

まとまった睡眠時間をなかなか確保できない時には、隙間時間に仮眠を取るなどして、成長ホルモンの分泌を促してあげましょう。睡眠不足は、ダイレクトに白髪と抜け毛の原因になってしまうのです。

ナイトキャップしてますか?

続いて大事なのが就寝中の髪の毛の保護。実は髪の毛が一番痛むのは、寝ている時なのです。

髪がこすれてダメージを受けてしまうと、前述した成長ホルモンが髪のダメージの修復に使われてしまい、抜けた毛を再度生えさせるプロセスに支障が出てしまいます。また成長ホルモンの不足は、白髪にも影響が。髪の毛がダメージを受けることで、より白髪になりやすい状態に陥ってしまうのです。

髪の毛が濡れたまま寝てしまうのはもってのほかですが、たとえ乾かした後であっても少しでも痛みを減らすために取り入れたいのがナイトキャップ。髪全体をキャップで覆いかぶせることで、髪がこすれて受けるダメージを軽減します。また頭全体を覆うことで、頭皮の乾燥を防ぐ効果もありますよ。

スキャルプケアを定期的に

そして最後にご紹介するのが、スキャルプ(頭皮)のケア

しっかりと髪を洗っているつもりでも、シャンプーや整髪剤の残りが頭皮に残ってしまっている場合がほとんどです。頭皮が詰まっていると、皮膚が酸素不足になり、髪に充分な栄養が行き渡りません。そのため、抜け毛や白髪の原因になってしまうところが大変怖いところです。

美容院で1ヶ月から2ヶ月に1度など、定期的にスキャルプケアを受けることをおススメしますが、難しい場合はスキャルプケア専用のヘアケア剤を使ってお手入れをするのが◎。頭皮を炭酸水につけるのも、こびりついた頭皮の汚れが落ちると評判です。

今からでも遅くない!

白髪も抜け毛も、ケアをすればした分だけ、差がつく部分です。「年によるものだから・・・」と諦めずに、以上の3つのことを気をつけて、キレイな髪を維持していきましょうね。

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 makicooさん

食・美容・健康に敏感な30代。
いつまでもキレイなカラダを目指してます。

執筆コラム一覧