メントールが爽快!「pHCareフェミニンウォッシュ60mlバリューアソート(5種類)パウチ3枚付クールウィンド」

真夏に使いたくなるスッキリ爽やか使用感

一年を通してデリケートゾーンはムレやすい場所だと思うのですが、とくに夏場は匂いや雑菌繁殖が気になる時期です。梅雨の時期にムレるとデリケートゾーンが不快なだけでなく、気分までどんよりとした気持ちになってしまいます。
そこで、夏場でも心地よく過ごせるような洗浄料はないかと探して、「pHCareフェミニンウォッシュ60mLバリューアソート(5種類)パウチ3枚付」に出会いました。

カラフルなボックスを開けると5つの香り

「pHCareフェミニンウォッシュ60mLバリューアソート(5種類)パウチ3枚付」は、5つの香りがセットになったボックスです。pHCareシリーズで人気の洗浄料が一度に試せる楽しいアソートです。

清潔なシャボンの香りのシャワーフレッシュ、 女性らしいローズフローラルの香りのピンクパッション、優しい花の香りのサマーブロッソム、メントールが配合されたクールウインド、無香料のアンセンテッドです。
元気になれる香りから無香料までバリエーション豊富に揃っているので、予定や気分に合わせて香りを選ぶことができます。

ポーチの隙間に入る60mLのミニボトル

私は、備えつけの洗浄料は肌に合わないため、ホテルや温泉などに行くときは必ずボディーソープを持参します。しかし、自宅で使う洗浄料は携帯するには大きく邪魔なことが悩みでした。
60mLのミニボトルがあるとお出かけにも便利で、ポーチの隙間にサッと入れることができていいですね。

また、小さいので人目が気にならないのも嬉しいなと思いました。お泊りや日帰り温泉などに持って行きたい手のひらサイズです。

うるおいを残す弱酸性の泡

手のひらだけでも十分な泡立ちがありますが、泡立てネットを使うともっとしっかりとしたきめの細かい泡が作れます。ボディーソープで洗うと、デリケートゾーンだけでなく顔に近い部分になるとヒリヒリしていたのですが、粘膜部分を洗ってもまったく痛みを感じません。
洗い上がりはおりものの匂い残りなどもなく、さっぱりしています。乾燥する季節はVゾーンが乾燥して粉をふいていたのですが、しっとりした皮膚になりました。
肌の弱い乾燥肌や敏感肌タイプの方の、全身用洗浄料としても使えるなと思います。

5つ試して2千円!お得なおまけつき

通常の150mLタイプはひとつが千円程の価格なのですが、「pHCareフェミニンウォッシュ60mLバリューアソート(5種類)パウチ3枚付」は5つの香りを2千円で試せます。60mLと小さなボトルなのですが、1本で1か月半ももつのは嬉しいです。

おまけのパウチが3つついてくるので、他の洗浄料を購入するよりもお得感が高いと思います。たくさん種類のあるデリケートゾーン専用洗浄料の中でどれを選べばいいか悩んでいるのなら、オススメしたいセットです。

気分がリフレッシュできるクールウィンドの香り

緑のボトルのクールウィンドは、マーガレットとユリの花の成分にメントールを配合した香りです。泡立てると爽やかで華やかさもある、夏らしい香りが浴室に広がります。
最初はデリケートゾーンにメントールは違和感があるかなと不安もあったのですが、チクチクしたりと刺激は感じられませんでした。洗った後も清涼感が持続するので、ムレが気になる時期に毎日使用すると、匂いも減っていくように感じます。
暑苦しい夏場の生理中やおりものが多い日など、気分をリフレッシュしたいときに使いたくなる香りです。



pHCareフェミニンウォッシュ60mlバリューアソート(5種類)パウチ3枚付クールウィンド   pHCareフェミニンウォッシュ60mlバリューアソート(5種類)パウチ3枚付クールウィンドジェル

  • 香り 3/5
  • デザイン 3/5
  • 泡立ち 4/5
  • スッキリ感 5/5
  • 価格 3/5


◆まとめ◆

  • バリエーション豊富な5つの香りのアソート
  • 携帯するのに便利な60mlのミニボトル
  • 乾燥&敏感肌でも弱酸性でうるうるの洗い上がり
  • おまけの3回使えるパウチが嬉しいお得感
  • メントール配合でココロもカラダも爽快リフレッシュ



本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 まこさん

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。
今日より明日が綺麗な自分へ。
趣味は猫と遊ぶこと。

執筆コラム一覧