化粧がうまくのらない、テカる…「オイリー肌」の原因って?

夏、気になるのが顔のテカり。困ったオイリー肌の原因は一体なんでしょうか?

あなたもオイリー肌?まずはチェック!

  • お肌の質感…日常的にべたついている、テカりが気になる
  • アブラの量…比較的多い
  • 水分量…多い
  • 毛穴…広がっている

3つ以上あてはまる人は、オイリー肌といえるでしょう。

オイリー肌って、どういった症状?

皮膚の表面から分泌される皮脂の量が普通の人よりも多く、皮膚の最上層でもある「角質層」の部分のアブラの分泌が過剰。そのため、汚れがお肌にくっつきやすく、アブラのせいでべたついてしまい、額や鼻がテカってしまうのがオイリー肌の代表的な症状です。

また、テカつくことによって毛穴に汚れが付着しやすく、清潔で健康な肌状態で維持するのが大変であることが原因でニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのも大きな特徴といえるでしょう。

オイリー肌の原因とは?

お肌は健康のバロメーター。あなたは毎日規則正しい生活をしているでしょうか?大きなストレスを日々受け、それを解消できずに暮らしていて心的健康が損なわれていたり、夜中心の生活リズムになっていて睡眠不足といった生活をしていると、お肌のアブラの分泌量が増えてしまいます。

食事も一度確認してみたほうが良さそうです。お酒を飲むのが習慣化してはいませんか?野菜や果物といったビタミンを多く含む食品を積極的に摂取せずに、肉類といったタンパク質ばかりと摂ってはいませんか?

それ以外にも、ホルモンバランスが崩れてお肌の状態が不安定になっている場合もあります。月経周期によってお肌のコンディションが荒れるという方はもちろん、30代の半ばあたりからホルモンの分泌量自体が減ってくることもあり、アブラの分泌量が増えてしまうのです。

どのようにして改善していけば良いか…

洗顔方法を見直そう!

お肌の表面に浮いてくるアブラが気になってしまうと、毎日何度も洗顔料を使って洗顔をしてしまいますよね。でも、それがかえって逆効果。オイリー肌は何度も洗顔を行うことによってお肌に必要な水分ま流してしまうので、結果お肌が乾燥しないように保護しようと更にアブラを分泌してしまいますので気をつけましょう。

肌の汚れをきれいに落とすために、一度の洗顔で綺麗に汚れを洗い流すことと、洗顔料に頼らずにぬるま湯での洗顔を習慣付けると良いですよ。

良質な睡眠をしっかりとりましょう!

お肌のゴールデンタイムと言われているのが午後10時から午前2時。この時間にお肌の代謝が活発になり、古いお肌から新しいお肌へと組成しなおされていきます。この時間に睡眠をとっていないと、お肌の入れ替えがきちんと行われなくなってしまい余分な汚れやアブラの残った生まれ変わるべき古いお肌がいつまでも表面に残ってしまいます。ですのでどんなに忙しくてもこの時間帯には睡眠をとることをオススメします。

最近の研究では、睡眠時間は午後10時から2時に限らず眠りについてからの3時間が大事ということもわかってきています。ですので、より良い睡眠を摂るために、寝る前にスマホやパソコンを見たりするのはやめて、照明を柔らかくしリラックスして眠れる環境を整えましょう。

タバコ、アルコール類は極力控えて!

 タバコを吸っている方は、吸っていない人以上にお肌の環境が過酷な状態におかれています。タバコの煙は活性酸素を生成し、ビタミンCやビタミンEを破壊します。お肌にとって良いビタミンをどんどん壊していくので、いくらケアをしてもお肌にはダメージが蓄積されてしまいます。アルコールについても同様で、体内に入ったアルコールを分解するためにはビタミンをたくさん消費してしまいます。お肌のことを考えたら、タバコとアルコールは控えるほうがベターでしょう。

自分のお肌とうまく付き合っていきましょう!

日常のケアを怠ることなく、毎日規則正しい生活をしていけば状態が悪くなることは無く、改善へと動き出します。自分のお肌を好きになれるよう、うまく付き合っていきましょうね。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧