東京ラブフェミニンソープ

生まれてはじめてのデリケートゾーン専用洗浄料。ボディソープでしみるお肌の弱いわたしが選んだ東京ラブフェミニンソープ

自分のデリケートゾーンの匂いやくすみが気になって早数年、最近はじめてデリケートゾーン専用ソープがあることを知りました。
ネット検索すると膨大に出てくるデリケートゾーン専用洗浄料の中で、一番最初に手に取ったのが「東京ラブ フェミニンソープ」です。

見た目のかわいらしさと国産製造に惹かれて購入

数多くあるボトルの中で、パッと目を引くピンクのボトルに思わずクリックしていました。

デリケートゾーン専用ソープということで、心が晴れやかになるものを探していましたが、お風呂場に常備していても違和感のない見た目に満足しています。ボトル自体がスッキリしているので、少しの隙間に置いておけるのも便利です。

また、お肌や粘膜に直接つけるものなので、できれば国産のソープをと考えていたのですが、デリケートゾーン専用洗浄剤は海外製がかなり多く困惑したのを覚えています。

日本製で信頼のおけるものをと探して「シリーズ累計150万個突破」の表記を見て即決しました。

前に海外製の化粧品を使ってお肌が荒れてしまったことがあるわたしでしたが、一か月使った今現在でも問題なく使い続けることができています。

はじめてデリケートゾーン専用洗浄料を使ってみようと考えている方には一番手に取りやすいのではないかと思いました。

ボディソープでしみたわたしでも痛みはゼロ

自分のデリケートゾーンの匂いやくすみが気になっていたのですが、同時にボディソープでとてもしみることにも悩んでいました。

もともとお肌が弱く使えない化粧品もあったので、デリケートゾーン専用ソープでもしみるのではないかと不安を抱えていました。

実際に「東京ラブフェミニンソープ」を使ってみると、通常のボディソープとはまったく違うテクスチャーで、とろっとしたリキッドといった感触です。

軽く泡立てて洗うという表記がありましたが、もこもこっとした泡ではなく、表面が軽く泡立つ程度の軽い泡です。

ソープ自体はブーゲンビリアの香りが華やかに香って、気分が明るくなるので使うのが楽しくなりますね。一番不安だったしみる点についてはまったく問題がありませんでした。こんなに心地よくデリケートゾーンを洗えたのははじめてのことです。

洗い上がりはするっとしていて、乾燥することは一切ありません。慣れてくると「もう少しさっぱりしたい」という気持ちもでてきますが、シリーズの中で一番お肌への優しさを重視している製品なのでこんな感じかなと思います。

980円で二か月持つコストパフォーマンスの良さ

今現在、「東京ラブフェミニンソープ」を使って一か月を過ぎましたが、毎日使用してボトルの半分が残っている状態です。
毎晩小さじ1杯くらいの量を使っているのですが、それでもまだ半分なのは嬉しいですね。

気になっていたデリケートゾーンの匂いやくすみですが、トイレに行くたびに気になっていた匂いが薄まった気がします。ほんのりブーゲンビリアの香りも残っているのがお気に入りです。

くすみの部分はまだこれといって変化はないようですが、ボディソープで洗っていた時よりしっとり感が増して、Vゾーンの乾燥が感じられません。

月500円と考えると気になっていた匂いとしみる点が改善されたので、コストパフォーマンス的にもまずまずかなと思います。次は同じ東京ラブシリーズのソープにもチャレンジしてみたい気持ちです。

東京ラブフェミニンソープリキッド   東京ラブフェミニンソープ

    評価

  1. 香り 5/5
  2. デザイン 4/5
  3. 泡立ち 2/5
  4. スッキリ感 2/5
  5. 価格 3/5

    ◆まとめ◆

  • デリケートゾーン専用洗浄料デビューにはオススメ
  • 可愛らしいデザインと香りに心もハッピー
  • お肌の優しさ重視で泡立ち&洗い上がりはちょっと物足りないかも
  • 1本で2か月もつコストパフォーマンスの良さが注目

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 まこさん

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。
今日より明日が綺麗な自分へ。
趣味は猫と遊ぶこと。

執筆コラム一覧