恥ずかしくて言えない…アソコの黒ずみの原因に迫る!

黒ずんでたら、遊び人!?なぜ黒ずんでしまうのでしょうか?

恥ずかしくて人には言えない…アソコの黒ずみ

女性に生まれたのならいつだって、そしていつまでも綺麗なカラダでいたい…なのに、気が付いたら“アソコが黒ずんでいた”なんてこと、大きな声では言えませんが女性のよくある悩みのひとつです。恥ずかしくて人には言えない…アソコの黒ずみにお悩みの方、その黒ずみはなぜ発生したのでしょうか。それを解消する方法も併せて探していきましょう。

 

“アソコの黒ずみ”がある人はエッチな経験が豊富、というのは全くのウソ!

 

女性が気にする部分に限って、黒ずんできたりしませんか?黒ずみたくないワキやアソコといった部分は、日常的にムダ毛の処理や下着といった衣類との摩擦によって刺激を与えており、メラニンという皮膚を黒くしてしまう色素が発生しやすい環境にあります。アソコは特に皮膚が薄く大変デリケートな部分であるにも関わらず、パンティーやナプキン、おりものシートといったものを毎日付けていることによって摩擦が発生し刺激を受けやすい状態になってしまい黒ずみやすいのです。

 

「いろんなオトコと遊んでいる女性はアソコが黒ずんでいる」なんて話、一度は耳にしたことがあると思いますが、それは全くのウソということですので安心してくださいね。とはいえ、やっぱりアソコが黒いなんてイヤですよね。アソコの黒ずみにお悩みの女性は少なくありません。

 

ズバリ、アソコの黒ずみの原因は?

 

残念ながら、特別不摂生をしていないような人でも黒ずみは発生してしまいます。その原因は“加齢”と“ホルモンバランス”、そして“外的刺激”の3つです。お肌の大敵メラニンが肌に沈着してしまい、黒ずみが目立つようになってしまうのです。生きている限り加齢を止めることは出来ません。従って、黒ずみを何とかするにはそれ以外の原因を解決していく必要があります。

 

気になる黒ずみ、治すには?

 

ホルモンバランスに関して言うと、女性は月経をはじめ妊娠、出産、閉経といったようにホルモンバランスが崩れてしまう時期が必ず訪れます。しかし、その時期をキッカケに必要以上にホルモンバランスが崩れると、黒ずみ以外にも様々なマイナートラブルに悩まされることもあるのです。そういったときは、すぐに婦人科を受診しましょう。ホルモンの状況を検査してもらい、結果を見てホルモン剤の投薬治療をすることも考えられます。その場合は、体にマイナートラブルと一緒に黒ずみも改善されるのが多いようです。

 

そして、外的刺激によるものですが、下着やナプキン、おりものシートについて素材や使用(着用)頻度を考える必要があります。摩擦による皮膚へのダメージを考慮し、ポリエステルやナイロンといった化学繊維を使った下着を避けるようにしましょう。また、身体に密着し締め付けるようなタイトなジーンズなどの着用を控えて、出来る限り摩擦による刺激を減らすように心がけましょう。

 

それでも気になる人は、クリニックで相談しましょう

 

それでも改善が見られない人や、どうしてもすぐに黒ずみをとりたいという人は、美容皮膚科などのクリニックを受診してみましょう。メラニンの合成を抑えるクリームを処方されるケースが多いので、こういった処方されたクリームを塗って美白ケアするのが一番効果が期待できます。

 

金額的な予算のある方は、ケミカルピーリングや黒ずみ部分の切除手術といった方法もありますので、自分がどういった方向で改善していきたいかを考え、予算とも相談をして理想のアソコへと改善していってくださいね。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧