日本女子のアソコケアは遅れてる!?海外では当たり前の「ピュビケア」

海外女子には当たり前の「ピュビケア」。間違ったケアでアソコを傷つけてはいませんか?正しいお手入れでいつでも清潔、キレイなアソコを手に入れましょう。

みなさんは「ピュービックケア」(通称:ピュビケア)ってご存知ですか?

デリケートゾーン全般のお手入れのことで、具体的にはアンダーヘアの処理、黒ずみやくすみのケア、専用アイテムでの洗浄・保湿などを行うことですが、日本ではあまりなじみがないかもしれません。

でも実はこれ、世界標準。海外では当たり前に行われていることなのです。
フランスやお隣りの韓国でも、子どもの頃から母親がデリケートゾーンのケアについて教えてくれます。日本でも江戸時代くらいまでは、親子間でそのような会話がされていたようですが、今では話題にしない家庭がほとんどです。

そのため、年頃になってニオイやかゆみに悩んでも、誰にも相談できず、結果間違ったケアをしている女子がほとんど。大問題です。

現代女子のアソコはストレスフル!

現代女子の多くは通気性の悪いピッタリした下着をはき、その上にストッキングや洋服を重ねます。生理の時にはナプキンも。そのためデリケートゾーンはムレて雑菌が繁殖し、においやかゆみが発生しやすい状態になっています。

デリケートゾーンを清潔に、そしてキレイに保つためにも、日々のケアは欠かせません。

ボディーソープはNG!専用アイテムで優しく

体を洗うついでにボディーソープでアソコもごしごし。もしこんなことをしていたら、今すぐやめましょう。ボディーソープは洗浄力が強く、デリケートゾーンの肌には合いません。日本人の健康的な肌は弱酸性なので、それに合わせた専用ソープを使わないと皮膚トラブルを起こしやすくなるのです。

専用ソープは弱酸性で、洗浄力もデリケートゾーンの肌専用のため、刺激が少なく、負担を抑えることができます。

洗うときは清潔な手指で優しく、決してごしごししないことが大切です。

お手入れの基本は顔と同じ!専用保湿剤でハリをプラス

顔を洗った後は化粧水や乳液でお手入れするのに、アソコはそのままなんておかしいですよね。デリケートゾーンと言われるだけあって、アソコの皮膚はとっても繊細なのです。洗った後は、専用の保湿剤を塗って乾燥を防ぎ、ハリのある健やかな肌を保ちましょう。

アンダーヘアのお手入れでアソコを清潔に

美意識が高いのにアンダーヘアに関しては無頓着、というのが多くの海外女性から見た日本女子のイメージのようです。衛生面から見ても、アンダーヘアを処理せず放置しておくことは、汗をかきやすくムレやすいため好ましくありません。

アンダーヘアの処理をきちんと行うことも、アソコを清潔に保つために大切なことです。つるつるに抵抗がある女子が多いことから、日本では一部の毛を残して脱毛、というのが一般的なようです。アンダーヘア脱毛を行っているサロンも増えてきたので、そういったサロンでプロにお任せするのもいいかもしれませんね。

ピュビケアは今や世界の常識!

正しいお手入れで、いつでも清潔、キレイなアソコを手に入れましょう。

まとめ

  • 「ピュビケア」は海外女子には当たり前
  • アソコケアは専用ソープと保湿剤で優しくケア
  • ムレ、擦れを防ぐためにアンダーヘアの処理を

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 ひろこさん

コンサルタント兼ライターの何でも屋。そろそろ、徹夜をやめて、身体と肌に気を使いたいお年頃。

執筆コラム一覧