感じるカラダになる!女力をあげる習慣とは?

女力UPが鍵!?彼とのセックスをもっとよくするためにできること。

男性が一番喜ぶことって?それは・・・

セックスの悩みはいくつになっても尽きないもの。特に最近は「前よりしなくなっちゃった・・・」なんて悩みを持つ人が増えているようです。前より彼が求める頻度が減ってしまうと、不安になるのが女性というもの。

ただご無沙汰になると不安になるのは、あなたのパートナーも一緒。そして男性の場合、あることが気になって積極的になれない事が多いようなのです。

男性が一番嬉しいこと、それはあなたの感じている姿をみること。ところがセックスをしている中であなたの反応が悪いと、自分に自信がなくなってしまい、結果、どんどんご無沙汰になってしまう・・・なんてことに。もしかしたらあなたとパートナーのセックスが最近ご無沙汰なのは、あなたの感度に問題があるのかも知れません。

セックスの際に緊張してしまう・・・

女性が感じにくい場合の主な原因は緊張からきています。お酒を飲んでいる時のセックスが上手くいきやすいのは、アルコールに緊張をほぐす効果があるからです。特にカラダを触られることに慣れていないと、カラダが本能的に警戒をしてしまい、その結果イマイチ感じられない・・・なんてことになりがちです。また服を脱ぐこと自体が恥ずかしい、触られて反応するのが恥ずかしいなんて思ってしまう場合は、ますますカラダがかちこちに。結果、どんなに彼が一生懸命あなたを感じさせようとしても、カラダはこわばったままに、なんてことになってしまうのです。

触られることに慣れよう

あなたは自分のカラダをどれくらい触っていますか?お風呂の時だけ、なんて方も多いのではないでしょうか。感じやすいカラダを作る第一歩は触られることを快感だと思うこと。まずは朝起きた時、夜寝る前などリラックスできる時間に、自分のカラダをそっと触ってみましょう。首筋、肩、腕、胸といったように、上半身から順番にさするようにボディタッチをすることで、あなたのカラダは「触られるって気持ちがいい!」と素直に思うことができるようになってきます。またボディタッチには、リンパの流れをよくし、新陳代謝をよくする効果もあります。感じやすいカラダとは、ちょっとした刺激を気持ちがよいと思えるカラダ。まずは自分のカラダをよく知って、そしてどこを触られると気持ちがよいのかをきちんと把握することが、感じるカラダ作りの第一歩です。

声を出す練習をしよう

次にマスターしたいのが、声を出すことへの抵抗を捨てること。男性はあなたが感じているかどうかを、まずはあなたの声で実感したいものなのです。自分のカラダをボディタッチしながら、まずはささやくような吐息を吐く練習をしてみてください。そして少しづつ、聞こえるか聞こえないくらいの小さな声で、気持ちよさを表現してみましょう。「気持ちいい」「ドキドキする」「もっと触って欲しい」など、さりげない言葉で大丈夫。気持ちがいい!という事がパートナーに伝わると、パートナーはますますあなたを愛おしく思うもの。セックスの最中になかなか素直にそれが言えないのは、あなたが感じたことを言葉にすることに慣れていないから。そこで、実際にひとりでいる時に声を出す練習をすることで、いざという時に緊張せずに、思いを打ち明けられることに結びつくのです。

いいセックスをすることは、二人の関係をよくしていく鍵。お互いに一緒にいてよかった!と思えるような素敵な時間を是非パートナーと過ごしてみてくださいね。

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 makicooさん

食・美容・健康に敏感な30代。
いつまでもキレイなカラダを目指してます。

執筆コラム一覧