最近「子宮年齢」っていう言葉をよく聞くけど、「子宮年齢」って一体なに!?

子宮年齢とは「卵の数」や「卵の質」などを総合的に捉えたもの。卵の数は個人差が大きくて、卵の質は年齢が上がれば上がるほど悪くなる!?「子宮年齢」と卵の老化の防ぎ方。

20代後半を過ぎると、「出産までのタイムリミット」を意識し始める女子は多いと思います。

「仕事が楽しくて、まだ出産は考えられない」「産みたいけど、そもそも相手がいないよー」といろんな人はいるけれど、女子のライフプランと出産は切っても切れない関係です。

最近では晩婚化に伴い、「子宮年齢」という言葉が登場し始め、「出産はまだだけど、子宮年齢は測っておきたい」と考える人も増えてきました。

では実際、子宮年齢とはどのように測るものなのでしょうか。

子宮年齢ってどうやって測るの?何がわかるの?

近年注目されているのが、卵巣内に残っている卵の数を測る方法で、一般的には「卵巣年齢検査(AMH検査)」と呼ばれています。

AMHとは、アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのことです。血液中のAMH値を測定することで、卵巣内に残っている卵の数を知ることできます。年齢が上がるとともに減少する傾向はあるものの、卵の数については個人差が大きく、20代だから必ず多い、40代だから必ず少ない、というわけではないようです。

ただし、ここが重要です。AMH検査でわかるのは、あくまで卵の数であって、その質についてはわからないのです。AMH値が低い(つまり卵の数が少ない)人でも、妊娠・出産している人は大勢います。

大事なのは、卵の質。しかし、質については年齢とともに悪くなっていくのが通説のようです。残念ながら……

つまり、子宮年齢とは「卵の数」や「卵の質」などを総合的に捉えたもので、卵の数にはある程度の個人差があり、卵の質は年齢と共に老化していく、このような理解になるかと思います。

では、卵の質の老化を少しでも遅らせることはできないのでしょうか?

卵の老化を防ぐために大切な2つのこと

卵の老化を少しでも遅らせるために大切なのが、

1 酸化を防ぐこと

そして 

2 血液やリンパ液の流れを良くすること

この2つです。

細胞の酸化を防ぐためには

  • カロチン(緑黄色野菜など)
  • アリシン(ニンニクなど)
  • ポリフェノール(緑茶や赤ワインなど)
  • ビタミンE(ほうれん草やゴマなど)

などの栄養素をしっかり摂る必要があります。

そして、血液やリンパの流れを良くするためには、カラダを温めたり、マッサージをしたり、カラダの歪みをとったりすることが有効です。

つまり毎日きちんとカラダのメンテナンスをしてあげることが、卵の老化を遅らせる近道なのです。

20代後半を過ぎたら、卵のためにも、自分のためにも、カラダのメンテナンスを意識しながら毎日を過ごしてみましょう。

◆まとめ◆

  • 子宮年齢とは「卵の数」や「卵の質」などを総合的に捉えたもの
  • 「卵巣年齢検査(AMH検査)」でわかるのは「卵の数」のみ
  • 「卵の数」は個人差が大きい。一方、「卵の質」は年齢に比例して悪くなっていく
  • 酸化を防ぎ、血液やリンパ液の流れを良くすることが、卵の老化スピートを和らげるコツ

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 ひろこさん

コンサルタント兼ライターの何でも屋。そろそろ、徹夜をやめて、身体と肌に気を使いたいお年頃。

執筆コラム一覧