髪へのダメージを最小限に!シャンプー&コンディショナーの「正しい使い方」とは?

洗い方、すすぎ方で大きく髪への負担が変わります!読んで知って、早速実践して美髪を手に入れてくださいね!

あなたは普段どういったやり方で髪を洗っていますか?

自己流で髪を洗っていませんか?何気なく行う女性の髪の毛を洗う行為には、実は間違った常識もあるんだとか。自分では当たり前なことが、髪を傷つける原因になっているかもしれません。正しいシャンプーとコンディショナーの仕方について知っておいて損はありませんよ!早速今夜から実践しましょう。

 

正しいシャンプーのやり方

 

・1、シャンプーの前にブラシで髪をといておく

 

浴室用のブラシを使うのも良いですが、市販のもの比較的目の粗いブラシを選んで使うことで代用できます。ここで髪のもつれや絡まりを取り除いておき、1日の生活のなかで付いてしまったホコリやチリといったゴミも落としておきましょう。

 

・2、頭皮までしっかりと濡らしましょう

 

38~40度くらいのシャワーで、髪の毛のみならず頭皮までしっかりと濡らしましょう。シャンプーをする前のこの段階ですでに髪と地肌の汚れの大部分を落とすことが可能というので驚きです。濡らす際は爪を立てることなく、指のお腹の部分で凝り固まった髪を揉みほぐすようにしてマッサージしてあげるイメージで濡らしていきましょう。頭皮まできちんと濡れていないと、シャンプーが正しく泡立ちませんのでここをしっかりとやっておくことが重要です。

 

・3、髪の毛に付いている水分をきっておく

 

あまりに髪の毛が濡れていると、かえってシャンプーが泡立たないということを招いてしまいますので、タオルを使用しなくても良いですから手である程度の水分を優しく切っておきましょう。

 

・4、シャンプーをボトルから手にとり泡立てる

 

シャンプーをボトルから適量出したら、すぐに髪に付ける人が多いと思いますが、実はそれはNG。手にとって泡立てるのが髪へ一番負担をかけずに済む最良の方法なのです。手のひらでうまく泡立てられないという方は洗顔時によく用いられる泡立てネットを使用するのも良いですよ。泡立てないで直に髪の毛に付けてしまうと、きめ細やかな泡で髪の毛全体を洗うことが出来なくなり、せっかくのシャンプーが台無しになってしまうんだとか。

 

・5、泡で包み込むように頭皮をマッサージ

 

シャンプーで洗うところといえば、髪の毛と思いがちですが、実は一番汚れているのは頭皮なのです。泡を地肌にしっかりと付けていきましょう。頭皮を清潔に保っておかなければフケやかゆみといった頭皮トラブルの原因になりますし、クセ毛になってしまうことも。

 

・6、すすぎ残しのないように丁寧にすすぎましょう

 

シャンプーをすすぎ残してしまうと、これも頭皮トラブルの元です。地肌からしっかりとシャンプーの泡やヌルヌル感が完全になくなるまで流してください。

 

正しいコンディショナーのやり方

 

・1、シャンプーをしたら軽くタオルで乾かす

 

トリートメントに含まれる成分を水分ではじいてしまわないように、タオルで髪の毛をはさみこんで抑えるようにして軽く水分をとってあげましょう。

 

・2、トリートメントをボトルから手のひらに出す

 

トリートメントを適量ボトルから出しましょう。手のひらに出したら、手のひらだけではなく指先にもまんべんなく広げましょう。

 

・3、髪の内側から手ぐしのイメージでトリートメントをつけていきましょう

 

シャンプーとは逆で、トリートメントは頭皮ではなく髪の毛に付けるもの。頭皮に付けないように気を付けながら、髪の毛のなかでも特に毛先に集中して付けるようにしましょう。

 

・4、5~10分時間をおいて浸透させる

 

すぐに流してしまう人も多いかもしれませんが、市販のものは成分が美容室のものよりも少ないため、ダメージが気になる人は蒸しタオルをして半身浴を楽しむように付けて浸透させた方が乾かしたときにしっとりします。

 

・5、流し残しのないようにすすぐ

シャンプー同様にコンディショナーも洗い残しがあると頭皮の炎症に繋がってしまうので、洗い残しのないように綺麗にすすぎましょう。この時髪の毛や頭皮を擦らず優しくすることが必要です。

 

正しいやり方で、充実のバスタイムを!

毎日やることですから、正しいやり方で行うことはとても大きく髪に影響してきます。諦めないで、自分の髪の可能性を信じて毎日のバスタイムでヘアケアに力を注いでくださいね。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧