ヘアケアのスペシャル版!「オイルパック」に適したオイルって?

ご褒美パックがあるように、髪にも定期的にオイルでスペシャルなケアを!

オイルを使用したヘアパックって?

 

毎日のケアもさることながら、たまに行う集中ケアによって髪は輝きを取り戻すことができますし、蓄積されたダメージをリセットすることも可能です。そんなスペシャルヘアケアに使用する「オイル」について、どういった種類があり、どういった方法で使用するのかを知っておきましょう。

 

まず、痛んだ髪の集中ケアとして効果を期待するのであれば、月に2回程度のオイルパックがオススメ!2週間に1度は自分の髪へのご褒美としてオイルを与えましょうね。

 

オイルパックのやり方とは…

 

1、シャンプーする前、まだ乾いている状態の髪にまんべんなくオイルをつける

 

使用するオイルの量として、目安はショートヘアの人は小さじ2~3杯、ミディアムだと4杯、ロングの人であれば6杯くらいに留めておくと良いですよ。自分の髪の多さ(厚さ)や傷みの状態が気になる人は、少し大目に付けるとしっとりした仕上がりが期待できます。

 

2、蒸しタオルか、チンしたタオルで髪を覆って温めましょう

 

蒸しタオルが用意できる人は蒸しタオルを頭に巻きましょう。簡単でオススメなのが、濡らしたタオルを20秒くらいレンジでチンすること。そうすると湯気があがるほどアツアツの簡易蒸しタオルの完成です。20分くらい頭に巻いた状態で温めてあげて、髪にオイルが浸透するようにしましょう。

 

3、洗い流して、シャンプーをする

 

洗い流す際には、必ずぬるま湯で行いましょうね。しっかりすすいでください。そしてシャンプーをしましょう。シャンプーは、2度行うとよりオイルが髪や地肌に残らず清潔に出来るのでオススメです。

 

 

オイルパックに使うオイルの種類は、どんなものがあるの?

 

わたしたちの髪は日々色々な刺激にさらされ傷ついています。女の命でもある髪の毛を、美しくしてくれる効果のあるオイルにはいったいどのような種類があるのでしょうか。

 

・ツバキ油

 

今や知らない人はいない、椿油。ツバキ油は平安時代からヘアケアに使用されてきたといわれており、その使用感はとにかく「しっとり」させたい派の方に向いています。

特徴としては、「オレイン酸」がたっぷり含まれているので地肌はもちろんオイルを塗る手指にもっても優しいということ。また、「サポニン」という物質が頭皮を健やかな状態に保ってくれる殺菌効果が含まれているのも大きな魅力です。

大手スーパーやドラックストアで簡単に購入できる、オイルヘアパック入門を考えている方にオススメのコストパフォーマンス抜群のオイルです。

 

・オリーブオイル

 

食べるだけではなく、ヘアケアはもちろんスキンケアにも使用することが可能な優秀なオイルです。「ビタミンE」が含まれていることから、髪の乾燥が気になる人にオススメです。髪の水分量の調節をしてくれますのでしっかりと保湿され、髪に栄養を与えてくれるので健康的なコシ・ハリのある髪に導いてくれます。食卓に上がっているいるオリーブオイルを、早速今夜からヘアケアに用いてみては?

 

・ココナッツオイル

 

最近は、美肌や快便、ダイエットも期待され始めて大人気のココナッツオイルですが、ヘアケアにも用いることの出来る万能アイテムです。お値段は他の2つに比べると多少高いですが、その効果は期待大です。

その特徴は、とにかく酸化しにくいということ。紫外線にとっても強いので、髪の毛の乾燥防止をはじめ頭皮の健康にも力を発揮しれくれます。髪の毛のボリューム寂しいと感じている方は、迷わずのこのココナッツオイルを手にすることをオススメします。

 

ご褒美パックで、髪を労わってあげましょう!

人間頑張ってばかりでは、頑張れなくなってしまいます。毎日紫外線やホコリにさらされ、ダメージを受けながらも頑張っている髪の毛に、定期的にオイルパックで休息を与えてあげてみてはかがでしょうか。

 


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧