遠距離恋愛を成功させるために重要なこと3つ!

あなたは遠距離恋愛を経験したことはありますか?今回は僕が実体験から学んだこと、遠距離を成功させるために重要だと思った3つをシェアします!

あなたは遠距離恋愛を経験したことはありますか?もし経験したことがあるならどれだけ辛く歯がゆいものかわかりますよね..

僕自身、韓国人の女性とお付き合いしていた時に遠距離を経験しましたが、本当に難しいと実感しました。できればもう2度と経験したくありません。

そして、結局僕らの遠距離恋愛は失敗に終わりました。徐々にお互いの気持ちがズレていき、関係を続けることができませんでした。

先日ある国際カップルに遠距離恋愛をテーマにおしゃべりしたのですが、今回はその時に学んだこと、遠距離を成功させるために重要だと思った3つをシェアしたいと思います。

頻繁に連絡を取り合う

遠距離でカップルが必ずやることといえば、Skype。もちろん僕らもやってました。最初の3ヶ月間はほぼ毎日。

でも、それがだんだん「3日に1回」「1週間に1回」「1ヶ月に1回」と気づかぬうちに頻度が減っていきました。いま思えば2人の親密度・関係性も徐々に薄れていったように感じます。

もちろん相手の顔が見れて嬉しいと感じますが、話すことが無くなって気まずい雰囲気になってしまうのが嫌でした。もちろん日によってはめっちゃ話すことがありましたが、さすがに毎日はありませんでしたね。特にその当時の僕の英語力だと思ったように言葉がなかなか出てこず困りました。

当時2人とも仕事がとても忙しい時期だったので、大した会話もないSkypeがムダな時間のように感じてしまったのです。

でも、いま思えば話す内容なんてなんでもよかったと思います。大事なのは内容ではなく回数。短くても毎日顔を合わせることがカップルには必要です。人間同士の親密度を高めるためには、会話内容よりも頻度の方が間違いなく重要だと思うからです。

どんなに超忙しい人でも、3分・5分の余裕は毎日ありますよね?例えば「夜寝る前は必ずメールする」とか「朝家をでる前に5秒ビデオメッセージ送る」とか、毎日のルーティンとして2人の時間を組み込むことで関係性はより深くなっていくでしょう。

一緒に何かをする

当時の僕らは、「Skypeで面と向かって話すこと」しか遠距離恋愛カップルにはできないと思っていました。

でもそんなことないんですよね〜。一緒にDVD見たり本読んだりなど、めっちゃいっぱいあります。普通のカップルがしてるようなことがもっとできるんです。

離れていても一緒の部屋にいるような感覚でいることが大事なんだと思います。
どんなに距離があっても、普通のカップルがやってることはほとんどできます。「遠距離だからデートできない・一緒に遊べない」とか思わないでくださいね!

正直な気持ちを伝え合う

遠距離をしていた時は、

  • 浮気されてるんじゃないか?
  • 他の男と今頃デートしてるんじゃないか?
  • もしかして騙されてるかも?

といったような不安が止まりませんでした。
遠距離では顔が見えないので何をしていてもわかりません。嫉妬は普通のカップルよりしやすい状況だと思います。

僕はそんな思いを彼女に全く打ち明けませんでした。嫉妬深い男に見られるのが嫌だったからです。本当は不安で不安でしょうがないのに、見栄を張って、何事もないように振舞っていたのです。

これはあくまで個人的な意見ですが、おそらく彼女は僕が正直でないことを話している中で感じ取っていたと思います。「あっ、この男はただ表面的に話しているだけだ。本音じゃない」と。

それで彼女は僕が信用できなくなったんだと思います。

嫉妬は人間として当たり前の感情です。好きな人に対しては誰もが持ってしまうものです。嫉妬心を持ってしまうことを、「ダメだ!抑えろ!」と我慢して溜め込むのはやめてください。正直な気持ちを伝えましょう!1人で抱え込まず、チームとして2人で解決していく姿勢がカップルにとっては重要ですからね。



以上の3つが僕が経験上、大事だと思ったことです。いま遠距離恋愛してる人、これからする人の少しでも参考になれば幸いです!

Find Your Love in Japan


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定