週末おかゆデトックスで肌レベルを簡単回復!

月曜から肌を生まれ変わらせるお金のかからない美容法

「あれ?昨日は美容液をつけたはずなのに、お肌の調子が悪い…」「パックでケアしたはずなのに、前より効いてる感じがない…」
昨夜はきっちり美容ケアしたはずなのに、なんでか起きたら思ったほどの効果が得られない…なんて、そう思った経験はありませんか?体調が悪かったり、美容成分が劣化したなどとさまざまな理由はありますが、美容効果をあらわれにくくしている犯人は、体に溜まった毒素にあるのかもしれません。
とくに、以前は効果のあった美容法なのに、最近めっきり効かなくなってきてしまった方は注意が必要です。体の中に溜まった老廃物をきちんと出して、美容効果をアップさせましょう!その方法とは…。

おかゆデトックスで栄養吸収の下地づくり

「おかゆ」と聞いてイメージされるのが「病人食」ですが、おかゆにはこんな効果があるのを知っていますか?

  • お肌のツヤアップ
  • デトックス効果で肌レベルを正常に回復

おかゆには、お米の一粒一粒に大量の水分が行きわたっています。そんな水分をたっぷり含んだお米が大腸まで届き、汚れと一緒に排出。傷んだ腸を優しくケアし、体の中から保湿してくれる効果があるのです。
腸内環境が正常に働くと、コラーゲンやミネラルなどを十分に吸収させる余裕ができ、お肌も健康な状態に回復。その結果、外からつける美容成分をスポンジのようにグングン吸収、持っている美肌効果を十分に発揮することができるのです。
ひと言でいえば、栄養を吸収しやすいお肌の下地づくりが完成されるわけです。
おかゆを食べるだけで、乾燥肌やくすみ顔、大人ニキビにも効果があるとされています。それはまさに、腸内革命!

週末おかゆで美容効果倍増

奨励する方法は毎日おかゆを食べるということなのですが、毎日食べるのは飽きてしまいますよね。そんなときにオススメなのが、「週末おかゆ」です。
週末のあいだだけ、朝食や夕飯をおかゆに替える。それだけで十分体の毒素は排出されます。平日に溜まった毒素を週末に排出するだけで、また月曜からプルプルお肌に生まれ変われるという嬉しいサイクルのはじまりです。
そんなおかゆの簡単な作り方をご紹介します。

おかゆの土鍋の炊き方

炊飯器でもおかゆは作れるのですが、おいしさで言ったら土鍋に敵うものはありません。「土鍋なんて、ちょっと難しそう」と思っている方でも、簡単にできてしまうコツをお伝えします。
普通の土鍋でもいいのですが、一人用の土鍋があると便利ですよ。


一人分の材料

  • お米 0.5カップ(半合)
  • お水 2.5カップ


  1. お米をとぎ、水と土鍋にセット
  2. 強火で沸騰するのを待ち、湧いたら一度だけかき混ぜる
  3. 弱火でとろとろ約20分、サラサラのおかゆが完成!


用意するものはお米とお水のみ。あとはただ煮込むだけというこの方法、作ってみたら意外と簡単でビックリする方もいるかもしれません。
有名モデルや芸能人も持っているという一人用土鍋。このレシピを応用して、手羽先入りのコラーゲンおかゆや水菜入りのビタミンおかゆなど、美容にいい食材をプラスした美肌メニューも作ることができます。
お金をかけることなく、今あるものだけですぐにできるおかゆ。月曜にプルプルのお肌で出勤や家事をこなすためにも、この週末はじめてみてはいかがでしょうか。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 まこさん

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。
今日より明日が綺麗な自分へ。
趣味は猫と遊ぶこと。

執筆コラム一覧