「イケない」女の特徴はコレ!オーガズムに達しやすいカラダになるために

「愛情のホルモン」分泌で男を惹きつけるオンナを目指す!

あなたはオーガズムを経験したことはありますか?「イク」ことそのものは情報としては分かってはいても、なかなか体感できないでいる方も多いのではないでしょうか。
ちょっぴりエッチな漫画や映画などでオーガズムの描写を観たり、友達から体験談を聞くたび「わたしだけオーガズムを感じたことがない」「イケないわたしって変なの?」などと不安になってしまいますよね。
大好きな彼と一緒に気持ちよくなるためには、どんなことをしたらいいのでしょうか?そんな誰にも言えないお悩みを、今すぐ解決しちゃいましょう。

「イケない」と悩む女の特徴!考えひとつでイケるカラダになる

まずは、オーガズムを感じにくい女性のタイプの特徴を上げてみましょう。ひとつでも当てはまるところがあったら、あなたのイケない理由がそこに隠されているのかもしれません。


  • セックスに対して恥ずかしい気持ちが強い
  • ラブグッズに頼るのはイヤ
  • いつかは彼氏がなんとかしてくれると思っている

どうだったでしょうか?
ローターなどのラブグッズでイケることは知っているけれど、恥ずかしいからしたくない方もいますよね。また、セックスや愛撫でオーガズムに達することは理想ですが、パートナーとの体の相性や、相手の技術的な問題もあります。あまり人頼みにしすぎていると、一生イケずに終わることも…。
共通するのは、セックスに対し引っ込み思案なことです。まずはセックスに対してポジティブになりましょう!
セックスは体の反応だけではなく、精神的な側面が快感を大きく左右します。考え方ひとつで気持ちよさはぐんとアップするものですよ。

○○に力を入れるとイキやすくなる?オーガズムを感じやすくするポイント

セックスの最中あるところに力を入れると、イキやすくなったりすることがあります。人それぞれでポイントは違いますが、「太腿」に力を入れるとオーガズムを感じやすなる傾向が多いようです。
お尻の筋肉から太腿の内側・表面を力むようにしてみると、得られる感度に差が出るのがわかるはずです。気持ちよくなって体が張り詰めてきたら、体が素直になってきている証拠。
愛撫をどう自分の体で受ければ快感に変わるのか、自分の体と相談しながらセックスを楽しむと、思わぬ発見があるかもしれませんよ。

愛情のホルモンで内面から綺麗になる!ワンランク上の魅力的な自分へ

オーガズムに達すると、脳内ホルモンである「オキシトシン」が分泌されます。「オキシトシン」は別名「愛情のホルモン」とも呼ばれ、痛みなどの体の苦痛を和らげ、幸せな気持ちにさせれくれる作用があります。
お肌がツルツルになったり透明感が溢れたり、表情が女性らしく柔らかくなったりと、優しい雰囲気になって現れるのです。


「これといって変化はないのに、最近あの子が綺麗…」と思う友達はいませんか?見た目に変化がないのに、妙に綺麗に映ったりモテたりする女性は、内側から溢れるハッピーパワーに男性が惹きつけられるのかもしれません。
今よりもうワンランク上の快感に興味を持って、魅力いっぱいの大人のオンナを目指しましょう!


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 まこさん

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。
今日より明日が綺麗な自分へ。
趣味は猫と遊ぶこと。

執筆コラム一覧