せっかくお化粧しても、気になる毛穴。なぜ「イチゴ鼻」になってしまうの?

小鼻に黒いブツブツが…困った毛穴の状態。まずは、原因と種類を知って改善につなげましょう!

お化粧をしていて悩ましいのが、「イチゴ鼻」とも呼ばれる鼻の毛穴が開いてしまった状態です。いつのまにか、ぼこぼこと毛穴が大きく月の表面のようなクレーター状態になっている方も多いのではないでしょうか。あの毛穴、一体なぜ開いて目立つようになってしまったのでしょうか。その原因について知っていきましょう。

そもそも毛穴って、どんなことをしている器官なの?

綺麗な化粧ノリの邪魔をする開いた毛穴。そんな毛穴は実は顔だけで約20万個あると言われています。この数は、生まれたばかりの赤ちゃんの頃から変わらないそうです。毛穴からは汗やアブラが出ますが、それらが肌の表面に膜を作り空気中のホコリや化学物質といった人体に有害な物質から守っていてくれるのです。簡単に皮膚の感染症にならないのは、毛穴のお陰なのです。更に、その膜は外的刺激からの保護だけでは無く皮膚の潤いを保つことにも用いられ、乾燥を防いでくれるのです。他にも、汗やアブラを出すことによってお肌で菌が繁殖してしまうことを防ぎ、体内の老廃物を汗やアブラが排出してくれているのです。こんなにお肌にとって大切な仕事をたくさんしてくれている毛穴を、いかに綺麗な状態で保っていくかを考えていきましょう。

なぜ、毛穴が開いた“イチゴ鼻”になってしまうの?

お化粧をしようと鏡に向かうと、鼻の毛穴の広がりに溜息の出る人も少なくないと思います。「昔はこんなんじゃなかったのに…」見と誰もが思うもの。いったいどうしてこんな毛穴の状態になってしまったのか、自分に当てはまる原因を考えましょう。改善を図るには、原因を知ることが必要不可欠です。

■アブラの過剰な分泌

正常な時のような分泌と違って、アブラが必要以上に分泌されてしまうと毛穴が大きく人がってしまいます。毛穴そのものや皮膚の表面に溜まっている古い角質が目立ちやすくなり、更には酸化して黒くなってしまうことで毛穴が大きく黒ずんで見えるのです。

■ニキビ跡

ニキビが顔に出来ると気になってしまい、触っているうちについ潰してしまった…ということ、ありますよね。このようにニキビをつぶしてしまうと、治癒後にそのニキビがあった場所の毛穴が開いたままの状態になってしまうのです。また、ニキビを治そうと思って必要以上の洗顔をしてお肌を傷つけたり、毎日のスキンケアをきちんとしなかったりにしておくことで肌が乾燥し、ニキビのあった場所に角質やアブラが溜まって酸化し結果毛穴が詰まって開いてしまいます。

■加齢

生きていくうえで避けられないのが加齢です。お肌は年齢を重ねることでコラーゲンやエラスチンと呼ばれる健康なお肌に欠かせない栄養素が減少してしまいます。お肌の基礎部分のバランスが失われてしまうことのよって肌の表面のハリまで失われ、たるみやしわが出来てしまいます。そのたるみやしわには汚れが溜まりやすいので、開いた毛穴がどんどん増えていってしまうのです。

毛穴が開いている3つの症状

毛穴が開いてしまって、お化粧がしにくい困った状態の「イチゴ鼻」は、大きく3種類に分類することができます。

自分の毛穴を見て、一体どれに当てはまるかを確認していきましょう。

■汚れが詰まった毛穴

一番多くみられるイチゴ鼻の原因がこのタイプです。毛穴自体がひらいているのはもちろんなのですが、黒ずみがとっても目立ち触るとぼこぼこしているのがこの状態。保湿が不充分であったり、普段の生活の中で水分補給が足りなかったりした場合に毛穴から油が多量に分泌されてしまい結果角質が溜まって酸化してしまっています。また、メイク落としや洗顔が足りなくてお肌の汚れが蓄積されている状態であることも考えられますから注意が必要です。

■年齢を重ねた毛穴

毛穴そのものの形が縦長に伸びているように見える人はこのタイプです。年齢を重ねることによって健康なお肌に必要不可欠なコラーゲンやエラスチンといった物が減ってしまったことによってお肌がたるみ、シワが出来てしまうことによって毛穴が伸ばされてしまった毛穴です。

■ニキビ痕の毛穴

ニキビが多い方はこちらのタイプが考えられます。毛穴にニキビが出来てしまい、毛穴に古い角質が溜まって汚れが酸化してしまうことによってお肌の健康状態が損なわれて余計にニキビの原因となるバイ菌が増えてしまうのです。ニキビの痕の毛穴が広がり、さらにニキビが慢性的にお肌に発生するので大変困った症状といえます。


お肌の健康は、毛穴のお手入れから。「イチゴ鼻」にお悩みのみなさん、原因と種類を知って、改善につなげてみてください。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧