『iroha』シリーズ第2弾、『iroha mini』が登場!

女性が考えた女性のためのセルフプレジャーアイテム『iroha』。その妹分となる『iroha mini』が昨年12月に発売されました。気になる2つの商品仕様を比較してみます。

女性が考えた女性のためのセルフプレジャーアイテム『iroha』。その妹分となる『iroha mini』が2013年12月に発売されました。

そもそも『iroha』って何?

伝説のオナホール『TENGA』を生み出した会社が発売している女性向けのローター、それが『iroha』です。

4人の女性社員を中心としたチームが1年半かけて開発しました。

男性視点ではなく、女性視点で開発された『iroha』は、発売当初から爆発的な人気を誇り、そのコンセプトと洗練されたデザインが注目されています。

シリーズ第2弾『iroha mini』、『iroha』との違いは?

『iroha』と『iroha mini』(以下『mini』)の大きな違いはその大きさ。

『mini』は『iroha』よりひと周り小さく、手のひらサイズでコロンとしたカタチ。乾電池式で持ち運びやすいことが利点です。

さらに生活防水仕様(水深50cmまでOK)となっているので、お風呂でも楽しめちゃいます。

また『iroha』には形状の違う3種類がありましたが、今度の『mini』は1種類。ただし、「FUJILEMON(ふじれもん)」「UMEANZU(うめあんず)」「SORAMIKAN(そらみかん)」という3色のカラー展開があります。

値段も『iroha』が6,995円であるのに対し、『mini』は1,994円とお手頃です。

目的や生活シーンに応じて使い分けるのもいいかもしれませんね。

今後も『iroha』シリーズに期待!

『iroha』開発チームの調査によると、
「女性の7割がオナニーをしており、そのうち4割の女性が一度は何かしらのグッズを使ったことがある」
「挿入ではなく、クリトリスや外陰部への刺激を求めている」
ということが分かったそうです。

さらに『iroha』シリーズは、女性の要望や気持ちだけでなく、カラダのこともきちんと理解した上で開発されているから、使用するときも安心です。

そして今年6月には『iroha FIT』も発売予定!

商品の詳しい仕様はまだ発表されていませんが、「MIKAZUKI(みかづき)」「MINAZUKI(みなづき)」の2種類があり、「しなやかに、美しく。」が商品コンセプト。

早くもインターネット上で話題になっており、期待の高さが伺えます。

今後も『iroha』シリーズから目が離せませんね!

◆まとめ◆

  • 『iroha』シリーズは、女性による、女性のためのセルフプレジャーアイテム
  • 『iroha mini』は手のひらサイズで、持ち運びもラクラク
  • 今年6月には『iroha FIT』が発売予定で、インターネット上で早くも話題に

*価格は2014年4月20日現在(irohaオンラインショップ)


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 ひろこさん

コンサルタント兼ライターの何でも屋。そろそろ、徹夜をやめて、身体と肌に気を使いたいお年頃。

執筆コラム一覧