「おりもの」でムレたりかゆくなるのがツライ!どう対処すべき?

デリケートゾーンのムレのもと「おりもの」。どう対処すべきなのでしょうか

おりもの自体はそんなに臭わない!

女性のアソコをいつも悩ませるのが、「おりもの」。膣内に悪い菌が入ってこないようにする働きがあったり、時に妊娠しやすいように多量に分泌されたり…女性の体にとってなくてはならない存在ではあるのですが、なんにしろおりものに起因するトラブルは多いのも事実です。

アソコがおりもので濡れると、下着が湿ってしまいますよね。おりものシートといったパンティライナーを装着していたとしても、いくらこまめに替えたところでどうしてもある程度はムレてしまいます。ムレてくると、なんだか独特の酸っぱいニオイがアソコからしてきたりしませんか?でも実は、おりもの自体がニオう訳ではないのです。

 

・雑菌の繁殖を防いで、ニオわないようにしましょう

重要なのは、おりものを出さないようにするなんてことではなく、「いかに雑菌の繁殖を防ぐか」ということです。デリケートゾーンがニオうのは、アソコの古い角質などが残っている部分におりものといった分泌物が付着し、垢が発生しているからです。垢は雑菌の温床…かゆみやかぶれの原因になります。

繰り返しますが、おりものは体にとって必要なものですから、なにを取り除けば良いかとけばもう明白ですよね。そう、アソコの古い角質です。きちんと洗っているようで、意外に洗えていないのがアソコ。お風呂場で洗う際には、ゴシゴシ洗ったりせずに、キメの細かな泡を立てて、その泡で優しく包みこむようにして丁寧に洗いましょう。表面だけではなく、指でしっかりと細部まで泡でこすらず優しく撫でるように洗ってください。そうすることで古い角質がしっかりと除去され、おりものが分泌されてもニオイにくくなりますし、多少ムレてもかぶれたりかゆくなったりすることを避けることが可能です。

 

・こまめにシートを変えて、かぶれ防止に努めるべし

生理中はナプキン、それ以外の時期がおりものシートやパンティライナー…アソコにはいつもなにかしらの素材が当てられていますよね。でも、こういったもの自体の性能や素材がいくら向上されても、長時間の使用はやはりお肌の負担になってしまいます。

記載されている時間よりも短くても、汚れたと思ったらすぐに交換することをオススメします。シートに雑菌が繁殖しかねませんので、正しい使い方を徹底してかぶれなどのトラブルを防止しましょうね。

 

それでも解消されないときは…

アソコのかゆみやかぶれがどうしても解消されないとき…それはもしかしたら病気のサインかもしれません。おりものの状態は、病気にかかってしまうと普段とは違ったものになりますし、分泌量が増えたりニオイがきつくなったりします。こまめにケアしているにも関わらず、ニオイが増す一方だったりかゆみが強かったり、おりものの色がおかしいなと思ったときは婦人科を受診することをお勧めします。

 


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧