10年後の髪の毛もつややかに!なまけヘアケアでうるうる髪へ

今日からはじめたい30代以降のなまけヘアケア方法

毎日のヘアケア、あなたはどんな方法を実践していますか?「10代20代と同じヘアケアを続けている」…なんて方はいませんか?
年齢によって肌質が変わり、肌トラブルの内容に合わせてお肌のケアも変わるように、髪の毛も年齢に合わせたケアの方法があるもの。今回は30代以降の現代女性に合ったヘアケア方法をご紹介します。
ヘアトラブルを未然に防ぎ、5年後10年後の髪を今よりもっとつややかにさせましょう。

30代以降の女性のヘアの悩みは○○が原因

30代以降の女性の抱えている悩みのトップ3は、パサつき、抜け毛、薄毛があげられます。
どんなにトリートメントをしても翌朝毛先が乾燥したり、スタイリングしにくかったり、シャンプー後の抜け毛の量が前より増した気がしたり…。今はまだ「あれ?ちょっと気になるかも」レベルの不安が、数年後にはっきりとしたトラブルになってしまうことも十分ありえます。
では、なぜ年齢を重ねていったら髪の毛のトラブルが増えてしまうのでしょうか?それは、女性ホルモンであるエストロゲンが、年齢と共に減ってしまうから。
女性ホルモンが減ると乾燥に弱い髪質になるのと同時に、シワやたるみなどのお肌のトラブルの原因にもなり、第一印象が疲れているようにも見えがち。しかし、シワ予防や改善法があるように、髪の毛のトラブルにも予防・解決方法があるのです。

週に1日は髪を休める

髪の毛を傷めるヘアスタイリング剤に毎日のシャンプーリンス、そして乾燥を進めるドライヤー…。意外と、髪の毛は毎日負担がかかっているもの。
ヘアケアは綺麗な若々しい髪の毛を保つのにかかせませんが、毎日洗って乾かしてを繰り返すと、普通のトリートメントでは乾燥には勝てなくなるのです。休肝日があるように、髪の毛のスタイリングやシャンプーをしない「ノーシャンプーデー」を作ってみませんか?
方法は名前の通り、「何もしない」だけでOK。入浴してもシャンプーせず、髪を濡らさないでみましょう。
週に1日ノーメイクの日を作ると正常な皮膚代謝を促すことと同じく、頭皮の代謝がアップする効果があります。髪の毛のためにも、ぜひヘアケアをなまけてみましょう。

自分でできるヘッドマッサージ

マッサージ店などで、ヘッドスパやヘッドマッサージを受けたことはありませんか?
頭皮をゆっくりと揉みほぐすことで血流促進、肩こりだけでなく顔のシェイプアップ効果もあるヘッドマッサージ。抜け毛防止だけでなく、健康な髪の毛を生む効果があるとされます。
そんないいことだらけのヘッドマッサージですが、自分でできる方法があるのです。やり方は簡単、シャンプー時に自分の頭皮を指で使って揉みほぐすだけ。
頭の側面に指を這わせ、ぎゅうっと天辺に頭の脂肪を集めるイメージで頭皮をスライドさせてみてください。
何度かもみほぐすだけで頭から肩にかけてがスッキリした気分になれるはずです。最後の仕上げに、頭頂部の一番高いところをゆっくりプッシュしてみてください。
頭のツボであるこの「百会」は、知る人ぞ知る「ツボの王様」。抜け毛予防だけではなく、肌荒れや疲れ目、めまいや不眠などに効果があります。


シャンプー時だけでなく、仕事や家事で疲れたときのリフレッシュ効果もあるセルフヘッドマッサージ。10年後のつややかな髪のために、今からやっておきたい新習慣です。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 まこさん

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。
今日より明日が綺麗な自分へ。
趣味は猫と遊ぶこと。

執筆コラム一覧