我慢はカラダによくない!?女子の天敵「クサイおなら」にさようなら!

ニオイのキツイおならを防ぐ方法とは…?原因を知って、改善しよう!

女性なら誰しも気になる“ニオイ”。その中でもニオイが強烈だと恥ずかしい思いをするのが“おなら”です。

なんとかして止めたいおなら…その原因とは一体どういったものなのでしょうか。そして、どんな対策をとれば良いのでしょうか。

まず、おならの原因を知ろう!

おならはなぜ出来るのか…まずは敵を知っておきましょう。

おならというのは、消化されている間に作られると考えられがちですが、実は食べ物の消化や吸収といった過程では発生していません。おならの大半は、食べ物と一緒に飲み込んだ空気なのです。この空気は皆さんご存知の通り酸素や窒素が大半を占められています。その空気に小腸や大腸で消化されている途中の内容物が発酵してできるメタンや水素、二酸化炭素などが混ざり合って“おなら”になるのです。

また、内容物が消化されて滞留している間に腸内細菌が繁殖し、発酵または腐敗をさせてしまうことによってニオイのキツイおならが作られてしまうのです。

体外に排出されるガスということで言えば体内にあると体に有害だ、ということです。でも、あのニオイがしてしまうと思うと気持ちよくおならを出すことって出来ませんよね。おならのニオイを抑えるには、いったいどのようにしたら良いのでしょうか。

赤ちゃんから学ぶ!大人の腸も赤ちゃんのように善玉菌でいっぱいにしよう

赤ちゃんのおならやうんちは、大人ほど臭くないのが特徴です。その理由として、腸の中に善玉菌が多く生きているからです。

善玉菌というのは、体にとってプラスになるようなことをしてくれるに加えて、逆にマイナスに作用する悪玉菌の働きを抑える効果もあります。この善玉菌は、年齢を重ねていくにつれ減少してしまうのです。そして善玉菌というの人体の中では生成されないものなので、食品から摂取していかなければなりません。

善玉菌が多く含まれている食品を多くとるようにこころがけましょう。

腸内で消化中の内容物を滞留させないために積極的に野菜を食べよう!

先程お話ししたとおり、腸内に内容物が滞留してしまうと、腸内細菌の温床になってしまいます。腸内細菌を悪玉菌でいっぱいにせず、善玉菌でいっぱいになるような食生活を心がけるのと同時に、そもそもの内容物の滞留してしまうことを防ぐということを考えましょう。

腸壁にこびりついた内容物を綺麗に掃除して取り除いてくれるものの代表格として有名なのは、食物繊維。食物繊維が豊富な食材を積極的に摂ることによって、腸内をキレイに保てばおならのニオイが改善されるのです。

おならは我慢しすぎると、体臭として放出されてしまう…

出すと音がするし恥ずかしいしクサイ…だから、なんとしてでも我慢したい…そう思う女性多いはずです。

しかし、おならを我慢していると、ガスが腸内を巡り巡って結果、血液を濁らせるといわれています。結果、自分の体臭としておならのニオイが放出されてしまうのです。体臭がクサいなんて、絶対に避けたいですよね。ですから、おならは我慢せずに出すことをオススメします。

出してもクサくないおならにするために、食物繊維を摂ろうというお話しをしましたが、それに加えて肉や魚、乳製品といったタンパク質由来の栄養ばかりとっていると腐敗がすすんで結果おならも腐敗臭が強くなってしまいます。極端な食事制限をするダイエットをすると体臭がきつくなるというのは本当です。

おならをにおわなくするためには、毎日の食生活に気を配りながら、腸内環境の改善を図ることが一番ですので、食生活には気を配って過ごしてくださいね。


    体の内側をしっかりとケアして、クサくないおならに!


    腸内を綺麗な状態にすることによって、おならをしてもにおわなくなるということには驚きます。体の内側が綺麗な女性は、おならもくさくない!ということで、日々体のケアを怠らないようにしていってくださいね。

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定


著者紹介 doffyさん

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

執筆コラム一覧