硬性下疳 コウセイゲカン

硬性下疳(英:hard chancre)とは、第1期梅毒の症状で、感染部分の浅い潰傷のこと。感染後3週間ほどで現れる初期硬結の中心部が潰傷に陥ったもの。
普通は1個であるが,まれに2個以上となり,痛みもかゆみも生じない。性行為によっては、陰部以外の口唇や乳房などにも発生する。大きさは、米粒大からエンドウ豆大までさまざまである。
梅毒トレポネーマという細菌の感染が原因で発症する。主な検査方法としては、ウシ脂質の抗原を使う方法や、ガラス板法、定量法などさまざまな方法がある。治療法は、ペニシリンを使用するのが一般的である。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定