皮膚常在菌 ヒフジョウザイキン

皮膚常在菌とは、体に存在する微生物で肌の上に生息している表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などのこと。
皮膚常在菌にはたくさんの種類があり、それぞれが相互に作用し合って、絶妙なバランスで肌を守っている。脂・湿潤・乾燥、肌のタイプが異なると、住んでいる菌の分布も変わる。表皮ブドウ球菌などの有用菌と普段は無害だが、状況によって人体に害をなす日和見菌に分けられる。洗いすぎないことと消毒・殺菌・抗菌商品を使わないことが肝心である。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定