感染症新法 カンセンショウシンポウ

感染症新法とは、平成11年(1999年)4月1日に施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」のこと。明治30年(1887年)に制定された「伝染病予防法」が大改訂されたものであり、その施行に伴い、「伝染病予防法」、「性病予防法」、「後天免疫不全症候群の予防に関する法律」が廃止された。
感染症を取り巻く状況が大きく変化したため、より時代に即した内容となった。従来の法律が集団の感染症予防に重きを置いてきたのに対し、感染症新法では個々の国民の予防および良質かつ適切な医療の積み重ねによる社会全体の感染症の予防の推進に基本方針を転換している。 1類感染症、2類感染症、3類感染症、4類感染症、指定感染症、新感染症に分類される。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定