メラニン色素 メラニンシキソ

メラニン色素とは、ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において、フェノール化合物が酸化され重合して形成される褐色ないし黒色の色素の総称。メラニン(melanin)ともいう。黒褐色のユウメラニン(eumelanin)と、橙赤色のフェオメラニン(Pheomelanin)の2種類がある。表皮の一番下にある基底層のメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。
メラニン色素は、太陽から降り注ぐ紫外線(細胞核のDNAを損壊する力を持つ)を吸収することで皮膚を守る重要な役割を果たしている。先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患をアルビノ(albino)といい、その症状を伴う個体は紫外線による皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高い。
メラニン色素の量やユウメラニンとフェオメラニンの配合割合により毛髪や皮膚および目の網膜の色が決まる。白髪の原因はメラニン量の不足が原因である。一方で、メラニン色素が増えすぎることにより、色素沈着(しみやそばかす)を引き起こす。予防や治療には、スキンケアに加え、有効な食品の摂取などによりメラニンの代謝を活性化させることが効果的である。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定