日焼け止め ヒヤケドメ

日焼け止めとは、皮膚に当たる紫外線をブロックすることによって、日焼けや光老化(シミやシワ)を予防・抑制するための製品のこと。サンスクリーン剤とも呼ばれる。クリーム状、乳液状、ジェル状などがあり、日本国内法においては日焼け止め化粧品に該当する。
主要配合成分として、紫外線を熱エネルギーに変えて放出する反応を起こさせる「紫外線吸収剤」と、紫外線をはね返す「紫外線散乱剤」があり、これらが単独あるいは組み合わせて用いられている。
PA値とSPF値が表記される。PAは、紫外線A波を防ぐ効果を「+」の数で表したもの、SPFは、紫外線B波を防ぐ効果を表す指標である。
SPFやPAの強いものの場合、かぶれなどの副作用を起こすことがある。肌に直接つけるものなので、肌への負担が少ないものの選択や個人のスキンタイプに応じた使い方が必要である。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定