トリ肌 トリハダ

トリ肌(鳥肌)とは、寒さや恐怖、あるいは強い喜びや衝撃的な事実を知った際などに交感神経が興奮・緊張反応することで、皮膚の毛穴が強く閉じられ、羽毛をむしり取った後の鳥の肌のように細かい突起が出る現象のこと。関西ではさぶいぼ(寒くて出るいぼのこと)ともいう。
体毛の根元にある立毛筋という筋肉が、交感神経の緊張により無意識・反射的に収縮して毛穴を閉じ、肌に沿って斜めに生えていた体毛が立ち上がり、同時に毛穴の周囲の皮膚が持ち上がることで現れる。ネコなどの動物が毛を逆立てて威嚇をするのも同じものである。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定