閉経 ヘイケイ

閉経については諸説ありますが、医療機関では「最後の月経から1年を経過したとき」と定義しており、1年以上月経が無い場合には【閉経】が確定となります。 閉経は、卵巣機能が完全に停止している状態でもあり、平均で50歳前後で閉経すると言われています。 閉経は、月経の間隔が徐々に長くなり最終的に生理が来ない状態になる場合がほとんどであり、自然に卵巣機能が停止することから「自然閉経」とも言われています。

早期閉経と無月経の違いについて

無月経は、月経が来ないことを指しますが、卵巣機能は、閉経のようにその機能が「停止」したわけではなく「休止」している状態です。 そのため、卵巣機能が再活動する可能性があります。 一方の「早期閉経」は、卵巣機能が「停止」してしまっており、治療なくして卵巣機能の回復(月経の再開)は見込めません。 この早期閉経は、日本産婦人科学会では『43歳未満で閉経が起こること』と定義しており、
  • 20代女性:1,000人に1人
  • 30代女性:100人に1人
の確率で症状が出ると発表されています。

本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定