ステアリン酸グリセリン ステアリンサングリセリン

食品にも使われる天然由来の非イオン界面活性剤「ステアリン酸グリセリン」

「ステアリン酸グリセリン」とは、大豆油などの植物油脂とグリセリンをエステル化して合成して得られる天然由来の非イオン界面活性剤です。ステアリン酸グリセリルやSEとも表記される場合があります。

界面活性剤として歴史が古く、無添加やオーガニック系化粧品などの毒性が少ない乳化剤として含まれます。乾燥から皮膚を守る保湿作用や、肌を柔らかくする保護作用が特徴です。

浸透作用があり、化粧品に含まれる際には補助的に配合されることが主です。菌に強い性質をもち、腐敗しにくい成分として、化粧品だけではなく食品や医療品など幅広く使用されている身近な界面活性剤です。

「ステアリン酸グリセリン」を含む化粧品は、基礎化粧品、ヘアケア用品、メイク用品などさまざまです。


本サイトで提供する情報は、公知の一般情報に基づき構成されたものであり、医学的アドバイスや傷病の治癒等の情報提供を目的としたものではありません。 合法性や道徳性、正確性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載していますが、閲覧並びに情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いません。

本サイトに掲載している記事・コラム・写真・イラスト・動画などの著作物は、著作権の保護を受けています。
著作権者の許諾なく著作物を利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。また、利用が認められる場合でも、著作者の意に反した変更、削除はできません。記事を要約して利用することも、原則として著作権者の許諾が必要です。 著作権規定