自分のニオイに自信ある?30代からはじめる基本の体臭ケア

30代で体臭が変わる!?意外と気づかないカラダのニオイ

まこ

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。 今日より明日が綺麗な自分へ。 趣味は猫と遊ぶこと。

「体臭ケア」というと、どのようなイメージを持っていますか?
「男性特有のもの」「まだわたしは30代だから関係ない」と思っている方もいるかもしれません。最近は生活習慣や食生活の乱れから加齢臭の若年化が進み、20代でも体臭が知らず知らずのうちに強くなっているといわれています。
自分のニオイは気づきにくいため、「わたしって実はクサイ?」と不安を感じたことがある方も多いのではないでしょうか。とくに夏の季節は、体臭への心配事が増す季節でもあります。
今回は、30代女性の体臭の原因と、改善・予防方法をお伝えします。

加齢臭は30代から!嫌なニオイの原因は○○にあった

みなさんは、汗そのものは誰でも無臭ということを知っていますか?なぜ汗が臭ってしまうのかというと、かいた汗や脂が酸化されて、こもったイヤ~なニオイになってしまうのです。
そもそも、人間の体臭は一定しているものではありません。
女性の場合、皮脂の分泌が盛んになる生理前は、皮脂の中の脂肪酸が酸化してしまうために体臭が強まる傾向にあります。酸化が進むと脂肪酸から独特のニオイが発生するため、それが体臭となって現れるのです。
とくに女性はホルモンの影響で体臭が変わりやすいため、加齢によってニオイにも変化が見られます。
ホルモンバランスが整っている20代の体臭は弱く、ホルモンバランスが崩れやすくなってくる30代は徐々に強まります。ホルモンが崩れてくると生理周期が乱れ、汗の中に乳酸やアンモニアが過剰に混ざり、より強いニオイとなって現れてしまうことに。
それでは、どうしたら気になるカラダのニオイを減らすことができるのでしょうか?

ニオイの元は食生活にアリ!体臭予防・改善方法

体臭を軽減させるために重要なことは、体を清潔に保つことが第一です。毎日の入浴や運動で、適度に汗をかく癖をつけましょう。
次に気をつけることは、普段の食生活です。

ニオイの元になるNG食材

  • 脂っこい肉類・揚げ物
  • 暴飲暴食
  • 喫煙・飲酒

これらの食材は体の酸化を進める代表的なものです。野菜や果物、魚や穀物などを中心にした食事を意識しましょう。
とても簡単なことですが、カラダの中に取り入れるものでわたしたちの体臭は決まるといっても過言ではありません。そのため、食事療法をするのが一番手っ取り早く、確実な手段といえます。

汗をかいてしまったら…臭う前のチェックが重要

どんなに食事に気をつけていても、やっぱり汗は臭うもの。汗が酸化して嫌なニオイに変化する前に、ちょっとしたことに気をつけるだけで体臭はグンと抑えられます。
方法は簡単、「できるだけすぐに汗を拭き取る」ということです。
ハンカチで拭うだけでも効果はありますが、濡れたハンカチで拭き取るとより確実です。オススメは、デオドラントの拭き取りシートを利用すること。雑菌や汚れをオフしつつ、さらに汗も抑えてくれます。
汗をかいた出勤後や子供の送り迎え後など、「後でもいいや」と面倒に思わず、気づいたらすぐに拭き取るのが肝心です。

適度に体臭を気にすることはエチケットとしていいのですが、中には気にしすぎてストレスになり、悪循環になってしまうことも。必要以上に気にしすぎないためにも、普段の体臭ケアをしっかりして、自信のあるカラダにしていきたいものですよね。