生理前の不安解消!あなたの「月経前症候群」度チェック

生理の憂鬱吹き飛ばせ!「月経前症候群」の原因と解消法

まこ

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。 今日より明日が綺麗な自分へ。 趣味は猫と遊ぶこと。

生理前になると、憂鬱になったりイライラしたり、ちょっと落ち込みやすくなる方はいませんか?生理前に体がだるくなったり精神的に不安定になることは、「月経前症候群」と呼ばれています。
今回は、生理前後をもっとハッピーに過ごすための「月経前症候群」解決法をお伝えします。まず、「月経前症候群」ってどんなことなのでしょうか?それは…

こんな経験ない?あなたの「月経前症候群」度チェック!

まずは、自分が「月経前症候群」に当てはまっていないか、簡単なチェックをしてみましょう。あるある、と頷いた数が多いほど、「月経前症候群」である可能性があります。

  • イライラする
  • 落ち込みやすくなる
  • 無気力で何事も面倒
  • 心配事が増える
  • 突然泣き出したくなる
  • 理由はないのに常に不安

1か所はもちろん、「全部に当てはまった!」という方も多いのではないでしょうか。では、生理前に気持ちが不安定になってしまう理由を探っていきましょう。

30代がピーク!?ホルモン変動でイライラ度アップ

生理前になると、女性の体の中は生理への準備として、急激な女性ホルモンの変動が起こります。ホルモンが活発になると血糖値が不安定になり、体の不調や感情の変化に影響が出るといわれています。
女性ホルモンの分泌がピークになる30代中ごろになると、生理痛も徐々に強味を増していくと感じる方も多いようです。1日中にぶ~い痛みを感じていれば、誰だって不安になったりイライラしたりしますよね。
そんな精神的な変動を抑えて、もっとハッピーに過ごせる方法はないのでしょうか?誰にでもできる解決法を見ていきましょう!

ウォーキングでストレス発散!食事で心身のバランスを取る

有酸素運動で体のリズムを正常化

「月経前症候群」予防・解消法で一番オススメなのは、なんといっても体を適度に動かすことです。とくに有酸素運動ができるウォーキングやジョギング、水泳などは、体のリズムを調節・ストレス発散にも効果的。
毎日ではなくても、「3日に1回」くらいの自分のペースで続けていくことが大事です。
「月経前症候群」は、生理の2週間前からゆるやかにはじまりピークが1週間前ほどなので、生理の期間に合わせて適度な運動を組み合せていくのもいいですね。

豆をとる!栄養バランスを見直して食事療法

精神的に落ち着かない「月経前症候群」の時期は、どうしても栄養バランスも悪くなりがち。体の中に取り入れる食事は、ホルモンの動きにも直接影響するものです。
中でも生理前に積極的にとりたい食品は、豆腐や大豆などの豆類です。女性ホルモンを正常に促すイソフラボンは、精神的にも健康な女性の強い味方!
豆類のほかにも、海藻やオリーブオイルなどの植物油、ナッツやごまなどの種実類など、カルシウムやミネラル、マグネシウムが豊富な食材を意識的に取り入れるのも効果的です。

女性の一生の中で、月経があるのは平均35~40年間。なんと、人生の約半分のお付き合い期間です!このあいだをもっと楽に、ハッピーに過ごすことによって、きっとより素敵な人生を送れるはずです。
生理のイライラや不安を前向きに解消して、生理中も明るく過ごしましょう。