膣トレで女子力アップ!アソコ筋を鍛えよう!

最近よく耳にする「膣トレ」。「膣トレ」とは何なのか、どんな効果を得られるのか、また具体的にはどんなことをするのかなど、今話題の「膣トレ」についての疑問に答えます。

ひろこ

コンサルタント兼ライターの何でも屋。そろそろ、徹夜をやめて、身体と肌に気を使いたいお年頃。

最近よく耳にするようになった「膣トレ」。言葉は知っているけど、その内容まではよく知らない、という人が意外に多いのではないでしょうか。

「膣トレってアソコがゆるくなった人がするものでしょ?私はまだ若いし、関係ないわ。」

そう思っている人、ちょっと誤解しています。

では、「膣トレ」とは何なのか、「膣トレ」するとどんな効果を得られるのか、また具体的にはどんなことをするのかなど、「膣トレ」についての疑問にお答えしたいと思います。

「膣トレ」っていったい何?

一般に言われている「膣トレ」とは、「骨盤底筋群を鍛えること」を指します。骨盤底筋群とは、尿道、膣、直腸の出口付近を取り巻く、骨盤の底の辺りの筋肉の総称のこと。これらの筋肉はガードルのような役割を果たしており、骨盤の中にある臓器が上からの圧力で骨盤の外に押し出されないようにしています。

ではなぜこれらの筋肉を鍛える「膣トレ」が注目されているのでしょうか。

「膣トレ」にはうれしい効果がいっぱい!

膣トレの本来の目的は、加齢や出産による尿漏れ、子宮脱(しきゅうだつ:子宮が膣内に下がってきたり、膣の外に飛び出した状態)を防いだり、出産時に傷ついたりゆるんだりした骨盤底筋群をケアするためのものですが、若いから関係ない、妊娠・出産していないから大丈夫ということではありません。

年齢に関わらず、尿道を締めて尿が漏れないようにしたり、膣の締まりをよくすることで、セックスのときにオーガズムに達しやすくなります。男性にとっても快感がアップし、お互いにメリットがあるんです。

セックスの快感が増加すると、快感ホルモンと呼ばれるオキストシンが分泌されることが分かっており、肌や髪にハリやツヤも出ます。

また膣トレは、ぽっこりおなかの解消や、美しいヒップラインを作るのにも役立ちます。

膣トレの仕方

膣トレはとっても簡単!

  • ゆっくりと息を吸いながら、お尻の穴を「キュッ」と締め、膣を引き上げるイメージでもう一度締めます。そのまま5秒程キープし、ゆっくりと息を吐きながら力を抜いていきます。

これを一日3セット以上行うのが効果的と言われていますが、ちゃんとやらなきゃ!と思うと気が重くなってしまうので、セット数は意識せず、思い出したときに行うのがベストです。

息を意識するのが難しいと感じれば、とりあえず「締める→脱力する」の基本動作を繰り返すことから始めましょう。

立っていても座っていても出来る簡単な運動なので、電車やオフィスでぜひ実践してみてください。

また膣トレをサポートするグッズや、膣ケアをサポートしてくれるレディースクリニックもあるので、それらを利用するのもいいですね。

毎日の膣トレで、健康も美容もラブライフも、ワンランクアップさせましょう!

◆まとめ◆

  1. 膣トレとは「骨盤底筋群」を鍛えること
  2. 尿漏れ、子宮脱の予防の他、セックスの快感を高める効果も
  3. 「締める→脱力する」を繰り返すだけなので、とっても簡単