お肌の時限爆弾「シミ」対策。今のうちから出来ることはじめてみませんか?

お肌に溜まったダメージが数年後、数十年後に現れる…そう、シミです。その要因となることを知って、予防につなげましょう!

doffy

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

普段何気なく過ごしているなかで、わたしたちのお肌は様々な刺激に晒されています。その刺激の根本を絶とうとしたり、または刺激を受けた後のケアを適切に行っておかないと、長い時間を経たあとに「シミ」となって現れてしまいます。

一体どういった原因でシミが出来てしまうのでしょうか。

一番ポピュラーな原因…外的要因

一番身近に考えられる原因が、外的要因によるものです。外からの刺激によって、お肌に負担がかかり傷となって後々シミになってしまいます。

・紫外線

日焼け止めを毎日塗っていますか?毎日のスキンケアに合わせて毎日顔に日焼け止めを塗っておかないと、長年紫外線に晒され続けたお肌は数年後…そして十数年後にたくさんのシミになって現れてしまいます。

紫外線から守る上で、毎日塗っておきたいのがSPF20程度のもの。数値がより大きい方が良いと思っている方が多いですが、強い成分であればあるほどお肌にも負担になります。ですので、SPF20程度のものをデイリーケアとして塗っておくことをオススメします。

・強いパッティング等による刺激

化粧水を付けるとき、手の平でパンパン叩いている人はいませんか?こういった行為で化粧水を叩きこもうというのは、間違ったスキンケア方法。かえってお肌への刺激となってシミの原因となるメラミン色素の沈着を引き起こしてしまいます。

実は大きな影響が…生活習慣要因

・睡眠不足

睡眠中は、一番皮膚のターンオーバーが活発に行なわれます。睡眠不足が慢性化してしまったり、睡眠サイクルが狂ってしまったりすると睡眠中のお肌の代謝が損なわれ、健康な肌細胞が出来なくなってしまうのです。お肌の生まれ変わりでもあるターンオーバーが遅くなってしまうことによってシミの原因のメラミン色素が肌に残って沈着し、シミになりやすくなるのです。

・食生活の乱れ

食生活の乱れもシミの元!食生活が乱れてしまうと体の血行が悪くなってしまい、新陳代謝が悪くなってしまいます。新陳代謝の乱れはターンオーバーの周期の乱れを引き起こし、シミの原因となってしまします。栄養の摂取状況に偏りがあると、シミを出来にくくする栄養素も不足してしまい大変なことになってしまいます。

・タバコ

喫煙習慣のある人は要注意です。タバコを吸ったからといって、すぐにシミが出来るわけではありませんが、シミの原因であるメラニン色素を抑える働きのあるビタミンCが、タバコに含まれる毒素によって破壊されるので、シミの出来やすい環境になってしまうのです。

原因を知って、対処法を考えていきましょう

女性たるもの、いつでも、そしていつまでも綺麗でいたいものです。可能な限りシミの原因となる行動を避けて、綺麗な肌で過ごしていきましょう。