抜け毛が気になる…そんなあなたへ。女性の抜け毛の様々な理由

抜け毛といえば男性の悩みといったイメージが強いですよね。でも、本当は女性だって悩んでいる人…たくさんいるんです!

doffy

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

なかなか人に言えない抜け毛。その原因は様々なものがあります。自分に当てはまる原因を見つけて、それに対処することによって改善へと導いていきましょう。

脱毛の大きな原因、それはホルモンだった!

髪の毛がよく抜ける…というか、抜けすぎる!とお嘆きの女性って結構多いんです。その原因の多くは、ホルモン。2種類ある女性ホルモンのうち、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが髪の毛の健康の鍵を握っているのです。

・エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンがしっかりと分泌されていると、女性らしい体つきになるといわれています。妊娠するのに必要な子宮の発達をはじめ、実は毛髪の成長にも大きく関わるホルモンなんです。髪の毛を伸ばす効果を与えてくれる一方で、伸びた髪の毛を持続させるという働きも持つこのホルモン、伸びた髪を健康な状態で保とうとしてくれる重要な役割を持っているのです。

女性は、このエストロゲンが年齢と共に減少していきます。ゆえに、加齢と共に髪の発育も遅くなり、伸びた髪の衰えも早い…という悩ましい状態になってしまいがちなのです。抜け毛の原因の多くは、病気ではなく、純粋に加齢によってもたらされるものだったのです。

パーマやカラーは要注意!

パーマやカラーはオシャレに敏感な女性であれば日常的に行っているかもしれません。しかし、髪へのダメージが大きいので注意が必要です。髪の一番表面にあるキューティクルは、熱やパーマ液、カラー液といった薬剤に非常に弱く、髪を傷める原因になります。オシャレも大事ですが、自分の髪を労わるのも大事。ホルモンバランスではなく直接的に髪へのダメージがかかる部分ですから、髪の毛の健康状態を見ながらカラーといった施術を行っていきましょうね。

睡眠不足や偏食…不規則な生活をしていませんか?

髪の毛に直接関係ない!と思われがちな生活習慣。でも、実は大きく関係しているんです。睡眠不足や偏食をしてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。オス化女子という言葉が聞かれるように、男性ホルモン過多になってしまい、必要な女性ホルモンの分泌量が減ってしまっているという困った状態の女性も少なくありません。不規則な生活は髪にも良くないので、規則正しい生活をして自分の体を大切にしましょうね。

髪の毛は健康のバロメーター!

髪の毛は、健康状態をいち早く知らせてくれるバロメーターなのです。毎日自分の体に気を遣っているつもりでも、ついムチ打って頑張ってしまうこともあるでしょう。そんな時は自分の髪のツヤ、そして抜け毛の多さを確認してみてください。