ほうれい線は○○でなくなる!?30代からの若返りメイク術

ついやってしまいがちなNGほうれい線メイク方法をご紹介

まこ

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。 今日より明日が綺麗な自分へ。 趣味は猫と遊ぶこと。

みなさんは、「30代になって急にほうれい線が目立ってきた」という経験はありませんか?これまではシワなんてなかったのに、ふと鏡を見てほうれい線がハッキリ見えると、「老けたかも…」とドキッとしてしまいますよね。
基礎化粧品を変えても顔のストレッチを続けても、なかなかすぐには消えてくれない困ったほうれい線。メイクで上手く隠したいのが本音ではないでしょうか。
今回は、ついついやってしまいがちなNGほうれい線メイク方法を知って、ほうれい線を自然に消すためのプロのメイクの方法をご紹介します。

そもそも、ほうれい線とは?

ほうれい線というと「シワ」のイメージがありますが、実はシワではないと知っていますか?
シワとは、水分・油分不足の老化現象によるもので、ほうれい線とは頬との境界線で、子供にもあるものです。肌の弾力が失われたりダイエットなどで頬がこけ、頬が垂れ下ることによって境が目立ってシワのように見えるのです。
つまり、「弾力不足」がほうれい線の原因になります。

厚塗りは絶対NG!やってはいけないほうれい線メイク

できてしまったほうれい線を隠そうとして、ついついやってしまいがちなメイク法は「厚塗り」です。
厚く塗られたファンデーションがほうれい線に沿って深く埋もれてしまい、夕方にはファンデーションが浮いて、目立つことになってしまいます。
とくにカバー力のあるファンデーションは要注意!肌への密着度が高いため、より埋もれて際立ってしまいます。口まわりはファンデーションがよれやすいため、顏の中で一番薄く塗るべき部分でもあるのです。

プロご用達!コンシーラーで若返りメイク方法

ほうれい線を消す方法は、ファンデーションで隠すのではなく、コンシーラーで影を飛ばすこと!明るい色のコンシーラー1本あれば、今すぐ気になるほうれい線を消すことができるのです。

  1. 化粧下地を指先でなじませる
  2. ほうれい線にそって、明るめのコンシーラーを塗る
  3. 指でトントンと軽く押さえつけるようになじませる
  4. 上からおしろいをはたく

この方法はプロのメイクアップアーティストなどが日常的に使っている手法です。
コツは、指で軽くたたき込むこと!ほうれい線に沿って指でなぞってしまうと不自然な線になって見えるので注意です。ファンデーションは極力薄くつけ、おしろいで上からプッシュして完成です。

ほうれい線消しコンシーラーの上手な選び方

コンシーラーは、シミやニキビ跡を消すためだけではなく、ほうれい線も綺麗に消す効果があります。
ほうれい線によってできた影がある部分を浮かせるために、色の明るいハイライトを選びましょう。オススメはリキッドタイプのハイライトです。
ほうれい線の上から線でなぞるのではなく、ほうれい線の上にポンポンとコンシーラーを乗せ、指でなじませると自然な仕上がりになりますよ。

ほうれい線はファンデーションで隠すのではなく、ハイライトやコンシーラーで影を消してマットに見せるのが一番!そのため、ファンデはリキッドタイプを選び、おしろいで抑える方法がオススメです。
とくにカバー力の強いパウダーファンデーションを顔一面に均一に塗っている方は要注意です。影と光の屈折を利用して、若返りメイクでハッピーな毎日を過ごしましょう!