VIOって何?今さら人に聞けないデリケートゾーン

「デリケートゾーン」ってなんとなく場所は分かるけど、具体的にどの部分?今さら聞けないあのことを大公開

まこ

元キャバクラ嬢。30代になって大人の女性のカラダ作りに興味津々。 今日より明日が綺麗な自分へ。 趣味は猫と遊ぶこと。

そもそも、デリケートゾーンって何?

デリケートゾーンとは、女性器、女性器周辺のことを総括して呼んだ名前のことをさします。また、ショーツに覆われている部分全体のことをさすこともあります。

女性のカラダの中でもとくに皮膚が薄い部分なので、「かゆみ」や「かぶれ」などのトラブルや「匂い」などの不安ごとがある部分でもあります。

たとえ気になるトラブルがあってもデリケートゾーンはとても個人的な部分なので、気軽に友達に相談することもできずに一人で悩みを抱えているという方もいるようです。

「VIO」は具体的にどの部分?

脱毛商品コーナーや脱毛サロンなどでよく目にする「VIO」。

「なんとなく分かるような感じはするんだけど、具体的にどこなのかいまいちピンとこない…」という方はいませんか?

「VIO」それぞれの部分に起こりやすいトラブルと一緒に見ていきましょう。

  1. まず最初にVゾーンとは、基本的には腿のつけ根の部分であるビキニラインをさします。ショーツのゴム部分が常に皮膚に当たりこすれてしまう部分でもあるので、黒ずみやかゆみが気になるという方も多くいるのがVソーンの特徴です。また、除毛を自己処理でする方も多く、カミソリ負けを引き起こしたり、毛抜きを使ってしまって皮膚が荒れてしまったりした経験がある女性も多いはず。水着を着るときには、一番気になってしまう場所でもありますよね。

  2. 次にIゾーンとは、性器周りの部分をさします。ショーツやストッキング、パンツなどで幾重にも布が覆いかぶさる場所でもあり、そのため常にムレムレ状態。湿気の多い夏場や暖房の強い場所に一日中いると、ムレからくる匂いも気になる部分です。また、生理中はとくにお肌が敏感になっているうえにナプキンが当てられているので、少しのムレでも摩擦が影響してかゆみやかぶれを引き起こします。
    同じ同性同士でも人のIゾーンを見ることはまずないので、自分は普通かどうか、気になる部分でもあるんですよね。

  3. Oゾーンとは、肛門付近の部分をさします。自分でもなかなか見る機会がない部分だからこそ、実は気になっている方も多いこの部分。一番気になるのはやっぱり黒ずみではないでしょうか?人に見せることもあまりない部分だからこそ、普段気をつけておきたいところでもあります。
    最近では座り仕事が多いOLさんなど、痔で悩む女性も多いものです。人にも言えず病院にも言えず、デリケートゾーンの中でも一番人に言いにくい場所が、Oゾーンと言えるのかもしれません。

デリケートゾーンに自信のない女性は実は多い!

ずっと好きだった彼とつき合うことができたのに、エッチのときになると自信がなくて見せられないという女性は多いものです。

彼には匂いや色についてどう思われているか不安になったり、自分ではかゆみやかぶれなどが気になったり…。

女性の場合、デリケートゾーンの異常はカラダの変調のサインでもあります。おりものの増加やかゆみなどの原因は、ストレスや疲労の結果として現れてくる場合もあるのです。

自分のデリケートゾーンのことに少しでも目を向けるということは、自分のカラダとココロを見つめなおすきっかけでもあります。石鹸で股間をごしごし洗ってしまうなど間違ったケアをしてしまって、ますます悪化していることもあります。

デリケートゾーンを洗浄するときはやさしく、丁寧にを心がけて。あそこの健康な状態を維持するということは、自分自身を健康に美しく維持しているのと同じことなのです。

 

◆まとめ◆

 

  • デリケートゾーンは女性器周辺のこと
  • VIOそれぞれでトラブルもさまざま
  • デリケートゾーンのトラブルはカラダとココロの変調のサイン
  • 正しい知識でケアすることが重要!