『iroha』シリーズ第2弾、『iroha mini』が登場!

女性が考えた女性のためのセルフプレジャーアイテム『iroha』。その妹分となる『iroha mini』が昨年12月に発売されました。気になる2つの商品仕様を比較してみます。

ひろこ

コンサルタント兼ライターの何でも屋。そろそろ、徹夜をやめて、身体と肌に気を使いたいお年頃。

女性が考えた女性のためのセルフプレジャーアイテム『iroha』。その妹分となる『iroha mini』が2013年12月に発売されました。

そもそも『iroha』って何?

伝説のオナホール『TENGA』を生み出した会社が発売している女性向けのローター、それが『iroha』です。

4人の女性社員を中心としたチームが1年半かけて開発しました。

男性視点ではなく、女性視点で開発された『iroha』は、発売当初から爆発的な人気を誇り、そのコンセプトと洗練されたデザインが注目されています。

シリーズ第2弾『iroha mini』、『iroha』との違いは?

『iroha』と『iroha mini』(以下『mini』)の大きな違いはその大きさ。

『mini』は『iroha』よりひと周り小さく、手のひらサイズでコロンとしたカタチ。乾電池式で持ち運びやすいことが利点です。

さらに生活防水仕様(水深50cmまでOK)となっているので、お風呂でも楽しめちゃいます。

また『iroha』には形状の違う3種類がありましたが、今度の『mini』は1種類。ただし、「FUJILEMON(ふじれもん)」「UMEANZU(うめあんず)」「SORAMIKAN(そらみかん)」という3色のカラー展開があります。

値段も『iroha』が6,995円であるのに対し、『mini』は1,994円とお手頃です。

目的や生活シーンに応じて使い分けるのもいいかもしれませんね。

今後も『iroha』シリーズに期待!

『iroha』開発チームの調査によると、
「女性の7割がオナニーをしており、そのうち4割の女性が一度は何かしらのグッズを使ったことがある」
「挿入ではなく、クリトリスや外陰部への刺激を求めている」
ということが分かったそうです。

さらに『iroha』シリーズは、女性の要望や気持ちだけでなく、カラダのこともきちんと理解した上で開発されているから、使用するときも安心です。

そして今年6月には『iroha FIT』も発売予定!

商品の詳しい仕様はまだ発表されていませんが、「MIKAZUKI(みかづき)」「MINAZUKI(みなづき)」の2種類があり、「しなやかに、美しく。」が商品コンセプト。

早くもインターネット上で話題になっており、期待の高さが伺えます。

今後も『iroha』シリーズから目が離せませんね!

◆まとめ◆

  • 『iroha』シリーズは、女性による、女性のためのセルフプレジャーアイテム
  • 『iroha mini』は手のひらサイズで、持ち運びもラクラク
  • 今年6月には『iroha FIT』が発売予定で、インターネット上で早くも話題に

*価格は2014年4月20日現在(irohaオンラインショップ)