ネイルのお手入れしてますか?簡単セルフケアで美爪をGETしよう!

やり方がわからない人必見です!自爪を綺麗にして手指美人になりましょう。

doffy

元海上保安庁職員。海のコックさんをしながら人命救助業務に従事していた変わり者。出産後、夫の転勤のため泣く泣く退職し、現在は一姫二太郎のママ。「人の役に立ちたい!」という気持ちは主婦になった今もブレず、現在はフリーライターとして多方面に記事を執筆中。“ためになる記事、役に立つ記事”を広く世に配信すべく、日々執筆活動をしています。

ネイルサロンへ行かなくても大丈夫!

ネイルのお手入れはネイルサロンに行かないと無理だと考えている人、多いのではないでしょうか。利き手で、利き手じゃないほうの爪はケアできるものの、その逆をしようと思ったらとっても難しい…そう考えたら、お手入れするには定期的にサロンに行ってやってもらわないと!と思うかもしれませんね。

 

でも実は、ネイルのセルフケアって利き手じゃなくても出来ちゃうくらいな単純作業のみで済むんです。方法さえ知っていれば、誰にでも出来ちゃうセルフケア。あなたもぜひ、今日からやってみてはいかがでしょうか。

 

セルフケアに必要なものって?

ネイルのセルフケアに必要なものはこちら。

  • ・ネイルリムーバー

  • ・コットン
  • ・ウッドスティック
  • ・爪やすり
  • ・キューティクルオイル

ウッドスティックは、その名の通り木で出来ており先の細くなった鉛筆のような形をしたもの。100円均一へ行けば、数本入って100円で購入することが出来ます。コットンは、そのウッドスティックに薄く巻きつけて使います。爪やすりは形を整えるために使用。オイルはケア後に塗るものです。

 

毎日のお手入れ方法

毎日どんな流れでケアしていけば良いでしょうか。順を追ってご紹介します。

 

・リムーバーでマニキュアを綺麗に落としましょう

最初にやるべきなのは、つけたマニキュアを綺麗に落とすことです。真ん中部分はコットンにリムーバーを付けてゴシゴシ拭いても、爪と皮膚の間の際は取れないことが多いので先程紹介したウッドスティックにコットンを巻きつけたものにリムーバーを染み込ませて、隅々まで綺麗にマニキュアを落としてください。

 

・端から爪にやすりをかけていきましょう

爪に対して30~45度の角度になるようにして爪やすりを当てましょう。横方向に動かして好みの長さになるまで削っていきます。ここで角度を緩めにすると、オーバル型の最もポピュラーな形になりますし、角度をきつめにするとほっそりして上品なラウンド型のネイルになります。

 

・両端から中央へ向けて角度を付けながら削っていきましょう

端から爪の中央へ向けて、段々と角度を付けていって磨き削っていきましょう。焦りは禁物です。ゆっくりと、割れないように丁寧にやすりをかけていってくださいね。

 

・爪の先端を滑らかにしましょう

両端から磨いていくと、最後に先端にガタガタした部分が残ってしまうと思います。その部分にやすりをかけて滑らかにしましょう。

 

・オイルを塗って馴染ませましょう

最後に、削って負担をかけてしまった爪にオイルを塗って労わってあげましょう。しっかりとなじませることによって、甘皮のトラブルや二枚爪といったトラブルを予防することに繋がります。

 

セルフケアであなたも美爪を手に入れよう!

いかがでしたか?特別な材料は一切必要なく、やる気次第で出来るネイルのセルフケア。ぜひ習慣化して、美爪を手に入れてくださいね。