トコフェロール酢酸エステル

トコフェロールサクサンエステル

皮膚に吸収されやすいビタミンE「トコフェロール酢酸エステル」

「トコフェロール酢酸エステル」とは、脂溶性ビタミンとして皮膚に吸収されやすい特徴をもつビタミンE成分です。同じくビタミンE成分である酢酸トコフェロールも同じ効能があります。

ビタミンEの補給を目的として、滋養強壮保健薬やサプリメントなどに配合されています。抗酸化作用があり、高コレステロールの治療や更年期障害の緩和、歯槽膿漏薬や疲れ目の改善など、さまざまな医療品に用いられます。

化粧品に含まれる際の役割としては、血管膨張作用や血行促進作用があり、化粧水やクリームなどの基礎化粧品やシャンプーなどのヘアケア用品などに、酸化防止剤としても使用されます。

「トコフェロール酢酸エステル」を含む化粧品には、ミキモト コスメティックスの乳液「パールブライト UVデイエマルション」などがあげられます。