子宮頸管炎

シキュウケイカンエン

子宮頸管炎とは、子宮頚管の粘膜が、炎症を起こす病気。腟炎などから、上に広まって発生する(上行性感染)ケースが多く、子宮頚管炎のみで発症することは少ない。子宮頚管はさまざまな損傷、病気などを起こしやすいため、女性器の中では感染症や炎症を起こしやすい器官とされている。
原因となる菌としては、淋菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、クラミジア、ヘルペスなどが挙げられる。また、分娩、妊娠中絶、流産、タンポンの出し入れ・長時間使用などが原因となりやすい。