善玉細菌

ゼンダマサイキン

善玉細菌(善玉菌)とは、細菌の分類の一つ。主に腸内細菌のうち、身体にいい働きをする菌のことをいう。食物繊維などをエサとし、免疫力の向上、腸の働きの調整、下痢や便秘の予防、ビタミンの合成、食物の消化吸収の促進などといった働きをする。
善玉細菌に対し、身体に悪い働きをする菌のことを「悪玉細菌(悪玉菌)」と呼ぶ。善玉細菌には、腸内菌叢のバランスを整えることで、悪玉菌の影響を抑える働きもある。この2種類の菌のバランスが崩れ、善玉細菌よりも悪玉細菌が多くなると、身体にさまざまな悪影響が出るようになる。