ベンジルアルコール

化粧品のフレグランス効果「ベンジルアルコール」

「ベンジルアルコール」は、香料などに使用される芳香族アルコールです。天然にも存在しますが、科学的に合成されて作られたものが主になります。

弱い芳香が特徴で、化粧品にはおもに防腐剤・安定剤の役割として配合され、濃度が濃くなれば香水になります。

化粧品のフレグランス成分として用いられるほかに、かゆみ止め作用があるとして石鹸などのボディケア用品やシャンプーなどのヘアケア用品にも使用され、粘度低下剤や保留剤、または溶剤としての役割もあります。

さまざまな化粧品の原料として欠かせない成分ですが、皮膚や粘膜への刺激報告があり、ただれなどのアレルギー反応も懸念される成分でもあります。

しかし、化粧品に含まれる量はごく微量なので安全とされています。