セリシン

セリシン

繭から作られたタンパク質「セリシン」

「セリシン」とは、繭(まゆ)を精錬、抽出してできたタンパク質のひとつです。アミノ酸で構成され、シルクの滑らかさに大きくかかわっている成分です。

「セリシン」の中に含まれるセリンというアミノ酸が、人間の皮膚にある天然保湿因子と構成がよく似ているため、皮膚との相性に優れた特徴をもちます。化粧品に含まれる際の役割としては、保湿作用で肌バリア機能の向上、美白作用でシミやそばかすの改善などがあげられます。

肌刺激の大変少ない成分であり、アトピー性皮膚炎を抑制する効果もあるとされます。

「セリシン」を含む化粧品には、セルフューチャーの化粧下地「シルキーカバーオイルブロック」や、素肌しずくのオールインワン化粧品「トータルエイジング・オールインワンゲル」などが発売されています。