母子感染

ボシカンセン

母子感染とは、感染の一種。妊娠した女性(母親)から、子供に病原体が感染すること。妊娠前、あるいは妊娠中に、母体が何らかの病原体に感染していた場合に起こることがある。妊娠中に起こる「胎内感染」、出産時に産道から感染する、「産道感染」などがある。また出産後に母乳を通して感染する場合は、「経母乳感染」に分類される。特に妊娠中は母体の抵抗力が落ちやすく、細菌やウイルスなどに感染しやすい。
母子感染で見られる主な感染症としては、風疹、肝炎(B型、C型)、HIV感染症、水痘、性器ヘルペスなどがある。