カルボキシビニルポリマー

カルボキシビニルポリマー

うるおいの膜を作る合成ポリマー「カルボキシビニルポリマー」

「カルボキシビニルポリマー」とは、代表的な合成ポリマーです。カルボマーとも略されて表記される場合もあります。

溶性のビニルポリマーで、べたつき感が少なく、水に強い性質をもちます。

テクスチャー向上のため、増粘剤として基礎化粧品の乳液クリームやゲルなどに配合されます。「カルボキシビニルポリマー」を使用した化粧品は、肌表面がうるおいの膜を作りなめらかな感触を得られるのが特徴です。

微生物による腐敗や菌に強く、肌刺激の少ない乳化安定剤として無添加化粧品にも使用されます。防腐剤や酸化防止剤、香料を「カルボキシビニルポリマー」ひとつで補える万能的な役割を持つ一方、合成ポリマーなので皮膚呼吸の妨げになるという指摘もある成分です。