活性酸素

カッセイサンソ

酸素の一部が変化してできた物質。体内に取り込まれると脂質と結合して細胞を酸化させます。
皮膚細胞の酸化はメラニン色素を誘発し、シミの原因となります。また酸化による刺激はニキビの炎症を招いたり、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、しわ、たるみといった肌の老化を促進します。
紫外線やストレス、喫煙などが原因とされていますが、生活習慣を見直したり、抗酸化物質を食事などで取り入れることによって酸化を防いだり、活性酸素を無害化することができます。