カンジダ・アルビカンス

カンジダ・アルビカンス

カンジダ・アルビカンス(英:Candida albicans)とは、カビの一種で、カンジダ症の最も多い原因菌の名称である。
元来は真菌であり、ヒトの体表や消化管、女性の膣粘膜に普通に生息するもので、多くの場合は特に何の影響も与えないが、体調が悪いときなどに病変を起こす日和見感染の原因となるものである。