リドカイン

リドカイン

局所麻酔薬の代表「リドカイン」

「リドカイン」とは、世界で最も使用される局所麻酔薬の代表です。不整脈の治療や神経痛、体のしびれなどにも用いられる成分です。

手術中の止血を抑制するために医療に使用されるほかに、かゆみを鎮める成分として、かゆみ止めなどに配合されます。皮膚に湿布することにより血管を収縮させ、少量で持続的な麻酔作用が現れます。

消炎剤や殺菌剤などと兼用することで、かゆみを素早く鎮め、炎症した部分を清潔に改善することができます。
「リドカイン」を含む化粧品には、小林製薬のデリケートゾーンかゆみ止め「フェミニーナ軟膏S」や、ロート製薬のデリケートゾーンかゆみ止め「メンソレータム フレディ メディカルジェルA」などがあげられます。