ステアリン酸PEG-75

ステアリンサンピーイージーナナジュウゴ

ロウと天然油脂でできた界面活性剤「ステアリン酸PEG-75」

「ステアリン酸PEG-75」とは、化粧品に含まれる界面活性剤です。ステアリン酸グリセリル、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、親油型モノステアリン酸グリセリルなどと表記される場合もあります。

ステアリン酸とは、ロウと天然油脂で生成される高級脂肪酸です。化粧品に含まれるものは、パルミチン酸とステアリン酸を混ぜたものが主で、石鹸を作る上で欠かせない洗浄成分です。

油と水を合わせる役割があるため、化粧品の乳化剤としても使用され、製品を安定させる作用があります。

「ステアリン酸PEG-75」が含まれる化粧品には、洗顔フォームや乳液、洗い流すパックなどの基礎化粧品や、化粧下地などのメイク用品、ボディクリームなどに配合されています。