ペニシリン

ペニシリン

ペニシリン(penicillin)とは、抗生物質の一種。「β-ラクタム系抗生物質」の一つでもある。1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミングに発見され、初めて臨床に応用された。このため、「世界初の抗生物質」として知られる。ペニシリンが実用化されてからは、第二次世界大戦中に負傷者、戦傷者などの感染症などの防止に使用された。
現在でもペニシリン系の抗生物質は、細菌感染症の治療薬において、第1位とされている。定型肺炎、梅毒、中耳炎、副鼻腔炎、感染性心内膜炎などには、ペニシリンが第一選択として治療に使用される。