ほくろ

ホクロ

ほくろ(黒子)とは、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞=メラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。色素性母斑もしくは、母斑細胞母斑ともいう。
メラノーマ(悪性黒色腫)と呼ばれる、皮膚のメラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍は、治療が必要であるが、通常のほくろは無害である。切除法のほか、レーザー治療などでほくろを除去することも可能である。