ミネラル

ミネラル

ミネラルとは、英語のmineral(鉱物、無機物)の訳語で、一般的な有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の、生体にとって欠かせない元素の総称のこと。無機質ともいう。糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられるが、体内で合成されず、食べ物など外部から摂取する必要がある栄養素である。
生命維持に必要とする量が多い元素を必須元素(必須ミネラル)と呼び、カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、塩素が含まれる。また、必要量がごくわずかなものを微量必須元素(微量必須ミネラル)と呼び、銅、鉄、クロム、マンガン、モリブデン、セレン、亜鉛、ヨウ素、フッ素が該当する。以上の13元素(塩素、フッ素を除く)を日本では健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省が定めている。ただし、生物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。